全国薬草シンポジウム2014inHIDA

全国薬草シンポジウム 2014 in hida

漢方薬や民間薬の国際的認知と需要の拡大が進むなか、欧米諸国をはじめとした国々では、伝統的薬草を学術的根拠に基づき健康維持や増進に取り入れる考え方が定着しつつあると言われています。

そんな中、日本の薬草活用の第一人者と言われる熊本県崇城大学薬学部教授の村上光太郎氏をお迎えし、自然豊かで薬湯等有用植物が豊富に自生するこの飛騨市において第3回薬草シンポジウムを開催します。

普段の生活から健康増進や疾病予防に取り組んでおられる皆さま、また、「食と健康」に関心を持つ皆さま、そして里山の資源を活用した地域活性化に取り組んでおられる皆さま、それぞれに満足いただける内容となっておりますので、ご家族、ご親戚、ご友人をお誘いあわせの上、ご来場をいただきますようお願いいたします。

飛騨市長  井 上 久 則


開催日
平成26年 5月31日(土) ~ 6月 1日(日)
共 催
飛騨市 / 全国薬草シンポジウム 2014 in 飛騨実行委員会
後 援
熊本県 崇城大学 / 岐阜県
協 力
アルプス薬品工業株式会社
5月31日(日)のプログラム
11:00 全国の取り組み紹介・物産販売・薬草展示等(~18:00)
 場所:飛騨市文化交流センター【ホワイエ】
12:30 シンポジウム会場
 場所:飛騨市文化交流センター【スピリットガーデンホール】
13:15 オープニングセレモニー
13:30 実行委員長あいさつ
13:45 基調講演 参加無料
 『薬草でまちおこし健康おこし ~薬草健康村構想~』
 講師:崇城大学 薬学部 教授 村上光太郎氏
15:15 パネルディスカッション 参加無料
  • ・宮永マス子氏(熊本県玉名市 小岱山薬草の会 会長)
  • ・関口安隆氏(徳島県上勝町 月ヶ谷温泉「月の宿」料理長)
  • ・大場敏江氏(長崎県島原市 NPO法人島原薬草会 事務局
  • ・田口孝夫氏(日本絵手紙協会 専属講師)
  • ・宮下朝子氏(かわい野草茶研究グループ 代表)
17:00 シンポジウム閉会
18:00 薬草料理交流会 要事前申込み

→ 薬草料理交流会の様子はこちら

20:00 交流会終了予定
6月1日(日)のプログラム
9:00 薬草を学ぶ健康まちめぐり 自由散策
 飛騨古川の街並みに、薬草と健康をテーマにしたさまざまなスポットを自由に散策いただけます。

→ 薬草を学ぶ健康まちめぐりの詳細はこちら

14:00 終了

 シンポジウムパンフレットはこちら 【PDF】

 シンポジウム・薬草料理交流会への参加を希望される皆さまはこちら

 全国薬草シンポジウム2014 in飛騨facebookページはこちら

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。