狩猟解禁に伴う事故防止について

 11月15日から、全国一斉に狩猟が解禁されました。

 狩猟期間中は、鳥獣保護区や休猟区等以外の場所において狩猟が行われますので、狩猟事故を防ぐため下記の事項に十分注意してください。

【平成29年度狩猟期間】

狩猟鳥獣(イノシシ・ニホンジカ以外)

 平成29年11月15日~平成30年2月15日

 ※農作物被害が増大しているため、イノシシ・ニホンジカは平成30年3月15日まで延長されます。

【狩猟期間中の注意事項】

山林内での仕事や農作業・観光などで野山に入る方へ

 狩猟者に分かりやすいよう、目立つ服装をしてください。(黄色やオレンジ色などの明るい色)

 狩猟者を見かけた場合は、声を掛ける等して、事前に自分の居場所を伝えてください。

【狩猟者の方へ】

 狩猟者は、関係法令やマナーを守り、周囲に入山者や他の狩猟者が居ないことを十分に確認し安全な狩猟を心がけてください。また、ワナによる狩猟をおこなう場合は、他の人がワナが設置されていることを確認できるように、必ず標識を設置して事故が発生しないようにしてください。

【連絡先】
 飛騨市 農林部 林業振興課林務係
 0577-62-8905

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。