未熟児の医療給付を申請するときは

 
未熟児の医療給付を申請するときは

身体の発育が未熟のまま出生し、医師が入院養育を必要と認めた乳児で、指定の医療機関に入院した場合に医療の給付を行っています。
 
いつ
医療給付が決まったらすぐに
誰が
保護者
代理の可否
保護者の認印があれば家族可能
手続き方法
直接窓口
受付窓口
飛騨市役所 市民福祉部 市民保健課
電話0577-73-2948
受付時間
午前8時30分~午後5時15分
休日
土・日・年末年始・国民の祝日(休日)
提出する書類
申請書、意見書、同意書
添付書類
持ち物
印鑑(シャチハタ以外)、保険証(写し可)
費用(手数料)
手続きは無料、医療費に対しては所得に応じた自己負担あり。
お渡しするもの
養育医療券(後日郵送)
注意すること
関連情報
自己負担については市町村の乳幼児福祉医療の適用あり。
所要時間・期間の目安
所要時間30分
お問い合わせ
受付窓口と同じ
資料
根拠法令等
母子保健法
その他
養育医療機関の指定あります。
 
 
 
 

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。