飛騨市妊婦通院費助成を受けるときは

 
飛騨市妊婦通院費助成を受けるときは

飛騨市妊婦通院費助成制度は、遠距離の助産所又は医療機関への通院に要する費用の一部を助成するものです。
いつ
出産後
対象者
飛騨市に住所を有し下記の条件を共に満たしている方
(1)出産のために医療機関等に7回以上通院していた方
(2)申請日現在飛騨市に1年以上住所があり、引き続き飛騨市に住む意志のある方
※その他にも条件がありますので助成を希望される方は保健センターまでお問い合わせください。
助成金額
通院距離に応じて出産1回当たり5,000円~20,000円
誰が
代理の可否
代理可
手続き方法
直接窓口
受付窓口
古川町保健センター
〒509-4221 飛騨市古川町若宮2-1-60
電話0577-73-2948 FAX0577-73-3604

神岡町保健センター
〒506-1161 神岡町船津2122-4
電話0578-82-2233 FAX0578-82-6664
受付時間
午前8時30分~午後5時15分
休日
土・日・年末年始・国民の祝日(休日)
提出する書類
飛騨市妊婦通院費助成金交付申請書及び明細書・飛騨市妊婦通院費助成金交付請求書(交付決定後に提出)
添付書類
母親の住民票(3ケ月以内のもの)
持ち物
母子健康手帳金融機関の口座の控え・印鑑
費用(手数料)
無料
お渡しするもの
提出後の流れ
(1) 申請後、審査が行なわれ『交付決定通知書』または『却下通知書』が送付されます。
(2) 交付決定となった方は、『飛騨市妊婦通院費助成金交付請求書』を提出していただきますと金融機関の口座に助成金が振 り込まれます。
注意すること
関連情報
所要時間・期間の目安
所要時間-分
お問い合わせ
受付窓口と同じ
資料
飛騨市妊婦通院費助成について
>>>ダウンロードボタン(PDF版)
根拠法令等
その他
 
 

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。