新生児聴覚スクリーニング検査を受ける時は

 
新生児聴覚スクリーニング検査を受ける時は

生まれつき耳のきこえに障害があるお子さんが、1,000人に1~2人生まれると言われています。聴覚障害は赤ちゃんのうちに発見し、適切な支援をしてあげることによって、成長発達を促すことができると言われています。検査を希望される方は、飛騨市から3,700円の助成が受けられます。

いつ 出生時
誰が 本人
代理の可否
利用方法 別紙参照
手続き方法
受付窓口 下記お問い合わせ窓口に同じ
受付時間 午前8時30分~午後5時15分(土日祝日除く)
休日
提出する書類 妊娠届出書又は母子健康手帳
注意すること 転出された場合は検査票は使えませんので、保健センターへ返却してください。
関連情報
所要時間・期間の目安
お問い合わせ 飛騨市古川町保健センター
〒509-4221 飛騨市古川町若宮2-1-60
電話0577-73-2948 FAX0577-73-3604

飛騨市神岡町保健センター
〒506-1161 飛騨市神岡町船津2122-4
電話0578-82-2233  FAX0578-82-6664
資料 新生児聴覚検査について 【PDF】
根拠法令等
その他
 
 

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。