飛騨市美術館

展覧会 美術教室 所蔵品ページへ ワークショップページへ


展覧会

次回予告


◆縄文展「石棒の聖地 塩屋を掘る」
 2017年9月30日(土)~11月12日(日)

ポスター

 飛騨市宮川町塩屋では縄文時代中期に石棒を製作した島遺跡と、後期の塩屋金清神社遺跡が見つかり、全国でも類を見ない石棒製作のムラであったことがわかっています。
 両遺跡で1,000本をこえる石棒が見つかった塩屋から、縄文時代の精神世界に迫ります。


○関連展示
・縄文時代早期の代表的遺跡- 沢遺跡「里帰り」展
・縄文時代中期の重要文化財- 中野山越遺跡出土品展


【会期中の主な催し物】
●関連講座「もっと深く!」
 講座は入館料で参加いただけます。予約不要。


 9月30日(土)
 14:00~ 沢遺跡の押型紋土器の意義=発掘調査の成果から=
 講師:岡本東三 氏(千葉大学名誉教授)

 15:00~ 飛騨の戦後の発掘調査史
 講師:戸田哲也 氏(玉川文化財研究所代表取締役会長)


 11月12日(日)
 11:00~ 石棒製作のムラ・塩屋
 講師:林直樹 氏(岐阜県立関高等学校教諭)


【無料開放日】無料で入館いただけます。
 10月14日(土)、15日(日) 家族でミュージアムの日
 11月3日(金・祝日) 文化の日


●チラシ【PDF】はこちら


開館時間/9:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日/月曜(祝日は開館し、その翌日) 観覧料/一般200円、高校生以下無料(身体障がい者手帳の交付を受けている方と20名以上の団体は20%割引)。
主催/飛騨市美術館



過去のイベントはこちら


ページトップへ

アクセス

飛騨市までの概略図→【飛騨市への行き方―[飛騨市観光サイト-外部サイト]

飛騨市内概略図→【PDF

【JRでお越しのお客様】 飛騨古川駅出口より右手、弧線橋を渡りお越しください。

【車でお越しのお客様】 駐車場は、市営若宮駐車場、または文化村西駐車場をご利用ください。

ご利用案内

【飛騨市美術館】

開館時間 午前9時~午後5時
入館料 一般200円/高校生以下無料
※20名以上の団体および障がい者手帳をお持ちの方は160円
※展示内容により全対象者が無料になる場合があります
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始/展示替え期間

【古川郷土民芸会館】

開館時間 午前9時~午後5時
入館料 無料
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始

古川郷土民芸会館は、地域のサークル活動等でもご利用いただける貸館事業を行っております。
使用には事前申し込みが必要です。
ご検討中の方は、当館ならび教育委員会文化振興課文化係までお問い合わせください。
教育委員会文化振興課文化係 TEL:0577-73-7496
各部屋の料金はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

飛騨市美術館
〒509-4221 飛騨市古川町若宮2-1-58
TEL・FAX: 0577-73-3288
E-Mail: sansyokan@city.hida.gifu.jp


ページトップへ

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。