飛騨市美術館

所蔵品ページへ 古川郷土民芸会館ページへ

  


展覧会

開催中

ポスター

◆お江戸のおしゃれPartⅡ――

2017年4月15日(土)~6月18日(日)

光ミュージアム所蔵の肉筆浮世絵と
飛騨に伝わるハレの日の衣装の
コラボレーション

江戸時代の浮世絵師に多く描かれた「美人画」。描かれた女性たちから、粋な着こなし、流行の柄、髪留めやかんざしなど、当時の「おしゃれ」を見ることができます。本展では、光ミュージアム所蔵の肉筆浮世絵から美人画を中心に30点を展示。そして桜とともに、春祭りで町がにぎわう季節です。飛騨に伝わる祭りの衣装や、古川祭に登場する獅子舞の獅子頭も展示いたします。約20年前に記録に収めた「飛騨古川祭」映像も公開。祭り当日のみならず、抽籖祭、地区の寄り合いなど祭りにまつわる諸々の出来事が撮影された貴重な映像です。この春は美術館で、浮世絵も、衣装も、祭りもお楽しみください。

【会期中の主な催し物】
●オープニングセレモニー
4月15日(土) 10:00~11:30
会場:飛騨市美術館
オープニングトーク:吉井隆雄(光ミュージアム学芸課長)
※事前申し込み不要、ただし入場料が必要

●学芸員のギャラリートーク
会期中、ご希望の方に展示解説を行います。
担当:古玉かりほ(企画担当学芸員)
その他、ワークショップ、展示に関連する本のおはなし会、等を予定しております。詳細は当館FaceBookページで随時情報発信いたします。


開館時間/9:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日/月曜(祝日は開館し、その翌日) 観覧料/一般200円、高校生以下無料(身体障がい者手帳の交付を受けている方と20名以上の団体は20%割引)。その他、本企画展のみ特別に「着物割引」があります。着物でご来館のお客様は観覧料が100円になります。ぜひ着物でご来館ください。 主催/飛騨市美術館  共催/光ミュージアム


過去のイベントはこちら

ページトップへ

アクセス

飛騨市までの概略図→【飛騨市への行き方―[飛騨市観光サイト-外部サイト]

飛騨市内概略図→【PDF

【JRでお越しのお客様】 飛騨古川駅出口より右手、弧線橋を渡りお越しください。

【車でお越しのお客様】 駐車場は、市営若宮駐車場、または文化村西駐車場をご利用ください。

ご利用案内

【飛騨市美術館】

開館時間 午前9時~午後5時
入館料 一般200円/高校生以下無料
※20名以上の団体および障がい者手帳をお持ちの方は160円
※展示内容により全対象者が無料になる場合があります
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始/展示替え期間

【古川郷土民芸会館】

開館時間 午前9時~午後5時
入館料 無料
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始

古川郷土民芸会館は、地域のサークル活動等でもご利用いただける貸館事業を行っております。
使用には事前申し込みが必要です。
ご検討中の方は、当館ならび教育委員会文化振興課文化係までお問い合わせください。
教育委員会文化振興課文化係 TEL:0577-73-7496
各部屋の料金はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

飛騨市美術館
〒509-4221 飛騨市古川町若宮2-1-58
TEL・FAX: 0577-73-3288
E-Mail: sansyokan@city.hida.gifu.jp


ページトップへ

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。