「重力波はどこからやってきたのか」講演会開催のお知らせ

   重力波はどこからやってきたのか

~KAGRAで聴き、Tomo-eで見る新しい宇宙~


と題して、講演会を開催します。

今年のノーベル物理学賞受賞で話題となっている重力波の観測研究を行う

大型低温重力波望遠鏡「KAGRA」、

大型高感度カメラ「Tomo-e Gozen」

について、その研究を代表する先生が講演されます。

皆さん、ぜひご参加ください。




開催日時:2017年12月3日(日)

     14:00~16:00(開場13:30)

開催場所:飛騨市神岡町公民館 3階 会議室

開催概要:講演1 演題「飛騨のKAGRA」

         講師 大橋正健 先生(東京大学宇宙線研究所 重力波観測研究施設長)

     講演2 演題「木曽のTomo-e Gozen」

         講師 酒向重行 先生(東京大学大学院理学系研究科附属

                    天文学教育センター木曽観測所 助教)

備  考:入場無料です。

     先着順となります(事前申し込みはありません。)

     年齢制限はありません。

     自家用車でお越しの際は公民館駐車場をご利用ください。


KAGRA×Tomo-eチラシ_確定.jpg

     

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。