新規就農者支援事業

「専業農家になりたい!」
飛騨市はそんなあなたを応援します!

専業での農業を志すあなたにお聞きします

自然に囲まれた環境、自分の持てる限りの技術と愛情を注ぎこんで育てた作物を消費者に届ける喜び。人間に欠かすことのできない「食」に携わる誇り。農業の魅力を上げればきりがありません。

その前に、専業としての農業を始めようとする自分の気持ちをもう一度冷静になって見つめてください。短絡的な思いつきや、現実逃避型の就農では、自分に跳ね返るだけでなく、家族や周囲の人々にまで迷惑をかけてしまいます。下記の5つについて自分に問いかけてみましょう。

農業の現実を知っていますか?

・農地や機械設備の確保、技術の習得、所得の安定には多大な労力が必要です

・農業は自然相手。天候不順や病害虫、市場価格の変動など、想定外の事態が突然発生します

農業を志した動機は確かですか?

・ロハスな暮らしに憧れているだけではありませんか?

・専業農業はライフスタイルではありません。自分が生きていくための収入を得る「職業」です

経営者になることを理解していますか?

・どれだけ意欲があっても、すぐに農業者にはなれません。栽培技術、経営管理等のノウハウを身に付け、しっかりとした営農計画を立てた後、農地を確保し、必要な資機材を揃え、生産品目に応じた土づくり、排水対策などのほ場準備が必要です

・農家になればあなたが経営者。成功も失敗も全ての結果が自分にかえってきます

農業には当面の費用が必要なことを理解していますか?

・設備や資材購入などの初期投資は、いろいろな助成制度を活用してもある程度の自己資金が必要です。また、農業は作物の売り先を確保し、販売するまでは収入を得ることができないので、それまでの当面の生活費も蓄えておく必要があります

農村での生活に耐えられますか?

・地域に溶け込み、人間関係を構築しなければ農業で成功することはできません

・今の暮らしを手放し、不便なことも多い農村で生活することを、家族は納得していますか?

就農までの一般的な流れ

STEP1 農業を知る

まずは情報収集。雑誌やインターネット、各地で開催される就農相談会などを利用して積極的に情報を集めましょう。
実際に現地を訪ね、気候風土や栽培・販売の方法を知りましょう。体験しなければわからないこと、発見がたくさんあります。
自分はどんな農業がしたいのか。どんな作物をどのくらいの規模で栽培したいのか。5年、10年先にどんな農家になっていたいのか。これまでに集めた情報の中に自分もこんなふうになりたい!という農家はいませんでしたか?
より具体的な農家像をイメージできると自分のやるべきことがはっきりします。

STEP1についての具体的支援はこちら

step1

STEP2 農業を知る

就農に必要な知識・技術を習得しましょう。これらの積み上げがこれからの農業経営の土台になります

品目特性等の基礎知識
播種管理・育苗管理・ほ場管理・収穫、出荷に関する技術
栽培ステージごとのポイント
肥料・農薬・保温資材等の基礎知識
施設投資・経営試算・簿記・税務申告等に関する知識
農地取得・資金調達等、就農に必要な知識

STEP2についての具体的支援はこちら

step2

STEP3 農業を知る

将来の農業経営の構想、就農5年後の目標、施設・機械の購入等の計画を作成し、認定新規就農者を目指しましょう。
様々な助成制度や有利な借入資金の活用を検討しましょう。もちろん、ある程度の自己資金も必要となります。
農地の貸借・売買には農業委員会の許可が必要です。契約は信頼関係が第一。情報収集と共に人間関係の構築が大切です。
飛騨では雨よけハウスを利用したトマトやほうれんそう栽培が盛んです。過剰投資にならないよう、計画に沿った資機材の調達が必要です。

STEP3についての具体的支援はこちら

step1

STEP4 就農

いよいよ経営開始です。最初に農業を志したときの気持ちを忘れず、自分の夢に向かって一歩一歩前進していきましょう

STEP4についての具体的支援はこちら

STEP1 農業を知る  の飛騨市の支援

step1

STEP2 技術や経営ノウハウの習得  の飛騨市の支援

step1

step1 国のHP内【PDF】

STEP3 就農の準備  の飛騨市の支援

step1

step1

step1

STEP4 就農  の飛騨市の支援

step1 国のHP内【PDF】

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。