行政改革

飛騨市行政改革について

市民への行政サービスを行う市の役割は、これまで以上に多様化・重要となる一方で、少子高齢化・人口減少の進行に伴う税収減、合併特例期間満了に伴う交付税優遇措置の終了等、行政施策展開のために必要な財源が減少していく中で、現状の市政運営形態をそのまま維持することは困難といえます。

現在、本市では、平成22年度から平成31年度までの10年間を計画期間とする第2次飛騨市総合計画に掲げる「市民がいつまでも安心して暮らせるまち」を市の将来像として、各種の施策を展開しています。

飛騨市第2次行政改革大綱(H21年度~H25年度)

飛騨市第3次行政改革大綱(H26年度~H30年度)

地方行政サービス改革の取り組み状況等(平成28年4月1日現在)

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。