ニュートリノ&スーパーカミオカンデ【e‐紙芝居】

ひだe★紙芝居かみおか
2002年10月に、小柴昌俊東京大学名誉教授がカミオカンデでのニュートリノ研究で、ノーベル物理学賞を受賞されました。その折、「ニュートリノってなんだろうか」「地元神岡でどんな研究がされているのだろうか」と自分達も知りたいし、みんなにも知らせたいと思い立ったのが、神岡町の読み聞かせ「こだまグループ」でした。東京大学宇宙線研究所の鈴木洋一郎教授(2003年12月現在)にお手紙でそのことをお伝えしたところ、快く協力いただけることになり、2002年12月製作に着手しました。そして、「ニュートリノってな~に」と「スーパーカミオカンデとニュートリノ」と言う紙芝居が出来上がりました。
スーパーカミオカンデとニュートリノ ニュートリノってな~に?
高校生以上向け  岐阜県神岡町の鉱山の中にある大型実験施設スーパーカミオカンデでのニュートリノ研究をハカセとスーパーカミオカンデ君の対話で解き明かした紙芝居です。物質の成り立ちなど最先端の素粒子物理学の研究にも踏み込んだお話しを含む紙芝居になっています。
ファイルサイズ:3.004KB
小・中学生向け  スーパーカミオカンデという大型実験施設が岐阜県神岡町の鉱山の中にあり、ニュートリノという素粒子を研究しています。 スーパーカミオカンデとニュートリノを最先端の素粒子物理学に触れながら、スーパーカミオカンデ君とニュートリノ君の楽しい会話で分かりやすく説明した紙芝居です。
ファイルサイズ:1.776KB
 
 

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。