選挙制度の仕組み等について

◆選挙制度の仕組み等について

 選挙は、選挙期日(投票日)に投票所において投票することを原則としますが、選挙期日に投票に行くことができない、仕事や旅行などで住所地以外の地域に滞在しているなど、様々な状況を考慮した仕組みがあります。

   
  ■投票日に投票できない場合は・・・
 

期日前投票制度

   

 投票日に仕事、旅行などの事情で投票に行けない方が、選挙の告示日の翌日から投票日の前日までの間に投票できる制度です。飛騨市選挙管理委員会が設置する期日前投票所で投票できます。

     
 

不在者投票制度

   

 仕事、旅行などで投票日当日、または期日前投票ができない方が、滞在先の選挙管理委員会で投票できる制度です。不在者投票は、選挙の告示日の翌日からできますが、投票用紙の請求など複数回の郵便でのやりとりが必要となりますので、早目に手続きを行うことが必要です。

     
   

※選挙当日は18歳を迎えるが、選挙期日前において未だ17歳である方は、期日前投票をすることはできませんが、不在者投票を行うことができます。

   

※不在者投票指定施設として指定されている病院及び老人ホーム等に入院、入所している方についても、不在者投票を行うことができます。

     
   

不在者投票指定施設一覧(岐阜県選挙管理委員会HP)【PDF】
http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei/kakushu-iinkai/senkyokanri-iinkai/14301/index.data/fuzaisya_H29.2.21.pdf

     
  ■お体の不自由な方へ・・・
  郵便投票について
   

 介護保険被保険者証、身体障がい者手帳、戦傷病者手帳の交付を受けている方で、次の要件に当てはまる方は、郵便投票証明書交付申請を行うとご自宅で投票できます。
 ご希望される方は、お早めに飛騨市選挙管理委員会へお問い合わせください。

     

①要介護状態区分が要介護5である方

     

②障がいの程度が一定の基準に達する方(障がいの種類により異なります。)

       
 

代理投票について

   

 車椅子等をご利用の方で、投票がご心配な方も、選挙事務従事者がお手伝いしますので、安心して投票にお越しください。また、ご自分で投票用紙に候補者の氏名等を 記載することができない場合には、代理投票(代筆)による投票も可能です。

       
 

投票所までの交通手段について

   

 要介護状態区分が要介護1以上の方は、ご自宅から投票所まで介護タクシーをご利用いただけます。利用方法や自己負担額については、担当のケアマネージャーにご相談ください。(介護タクシーの利用にあたっては、事前手続等が必要となりますのでお早目にご相談ください。)

       
 
■その他の選挙関連情報
   
     
   
     
   

・過去の選挙結果等

   

平成16年3月7日執行 飛騨市長選挙及び飛騨市議会議員選挙

   
広報ひだ 平成16年3月号
     
   

平成20年2月17日執行 飛騨市長選挙及び飛騨市議会議員選挙

      広報ひだ 平成20年3月号
     
   

平成24年2月19日執行 飛騨市長選挙及び飛騨市議会議員選挙

      広報ひだ 平成24年3月号
     
   

平成28年2月14日執行 飛騨市長選挙及び飛騨市議会議員選挙

      広報ひだ 平成28年3月号
     
   

≪お問い合わせ≫
飛騨市選挙管理委員会事務局
〒509-4292 飛騨市古川町本町2番22号(総務部 総務課内)
電話番号 0577-73-7461  FAX 0577-73-6373

     
     
 

 

 

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。