ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 「飛騨地域医療支援プロジェクト」飛騨地域の医療現場に対する寄付をお願いします

「飛騨地域医療支援プロジェクト」飛騨地域の医療現場に対する寄付をお願いします

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月26日更新

飛騨地域医療支援プロジェクト~医療支援の輪を広げよう~ ♯飛騨の医療にエールを

感染拡大の第2波、第3波に備えて皆さんで地域医療を支えましょう

新型コロナウイルス感染症に対応する飛騨地域の医療を支援するため、認定NPO法人まちづくりスポット、高山市、飛騨市、白川村が共同で「飛騨地域医療支援プロジェクト」を立ち上げ、インターネットの寄付サイト「クラウドファンディング」で皆さんからの寄付金の募集を開始しました。

感染拡大の第2波、第3波の可能性に備えて、飛騨地域全体で医療体制を整え、最前線で働く医療関係者の皆さんを支援します。

私たちの市民生活にとって、医療に市町村の枠組みはありません。ぜひ、応援・PRをよろしくお願いします。

プロジェクトの経緯

飛騨地域の医療資源は脆弱であり、これまで医療現場ではマスクや消毒液、防護服などの医療用品を節約しながら従事している状況が続いてきました。4月に認定NPO法人まちづくりスポットで調査したマスク不足状況のアンケートでも、医療従事者が切迫した状況であったことがわかっています。
また、医療従事者は万が一感染患者を受け入れた際、濃厚接触者となり症状がなくても家族と会う事ができなくなってしまうというストレスと闘いながら、日々地域医療を支えています。
医療を支えることは、私たちの生活を守ること。住民一人一人が困った人を助け合えるように、本プロジェクトは立ち上がりました。

寄付期間・目標金額

令和2年6月2日から7月30日まで
目標金額1,000万円に満たない場合も、計画を実行します。
※運営主体が「認定」NPO法人であるため、ご寄付いただいた金額は約40%の寄附金控除等の税制優遇を受けることができます。

寄付方法

WEBで寄付されたい方

  ・クラウドファンディングのページはこちら<外部リンク>

現金で寄付されたい方

 市内金融機関(飛騨信用組合・高山信用金庫・十六銀行・飛騨農協)の窓口にて現金で寄付できます。
 ※飛騨農協の場合は、JA備付けの「振込依頼書(文書扱い)」への記入が必要です
​ ※金融機関、金額によって手数料が発生する場合があります

 納付書は以下からダウンロードしていただくか、飛騨市役所 地域振興課、各振興事務所でお渡しできます。

 まちスポ飛騨高山の窓口にて寄付できます。
 ※振込手数料不要

 場所:高山市天満町1-5-8 フレスポ飛騨高山内(10時00分~18時00分)
 電話:0577-62-8550

都竹市長から市民の皆さんへメッセージ

新型コロナウイルスが完全に終息しない中で、医療機関では医師、看護師をはじめとする医療関係者が日々、ウイルスの感染に不安を持ちながら患者さんの診療にあたられており、さらには地域や家族等からも厳しい目で見られるという話を伺っており、心が痛んでおります。
私たち市民の安全安心のため医療現場に従事してくださる方々が、できる限り安心して働いていただけるよう皆さまの温かいご支援をよろしくお願いします。​​

project

共同記者会見

【問】地域振興課
電話 0577-62-8904

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>