ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域包括ケア課 > 飛騨市高齢者安全運転支援事業補助制度

飛騨市高齢者安全運転支援事業補助制度

印刷用ページを表示する掲載日:2021年9月1日更新

 ⾃⼰の使⽤する⾃動⾞にペダル踏み間違い時加速抑制装置を後付けした場合に補助します。

【お願い】

装置装着後は、販売店等から注意事項等を⼗分に説明を受けてください。安全⽀援装置は、あくまでも運転を⽀援する補助装置であり、どのような状況でも作動するものではありません。

運転する際は、装置があるからと過信せず、交通ルールを遵守し、常に交通安全を意識して運転してください。

ペダル踏み間違い時加速制御装置(⾃⼰使⽤⾞への後付け)

補助対象者(⾃⼰使⽤⾞への後付け)

下記の1〜5の要件をすべて満たす個⼈の⽅です

  1. 装置の後付け⽇に飛騨市内に住所を有する人
  2. 満65歳以上の⼈(年度中に65歳を迎える方も対象となります)
  3. ⾃動⾞運転免許証(有効期限内)を保有している⼈
  4. 自動車税または軽自動車税に滞納がない⼈
  5. 暴⼒団員でない⼈

 補助対象⾃動⾞(自己使用者への後付け)

下記の1〜5の要件をすべて満たすもの

  1. 急発進防止装置の設置が可能な自家用自動車であること
  2. ⾞検証に記載されている使⽤者が補助対象者であるもの
  3. ⾞検証に記載されている使⽤の本拠の位置が飛騨市内であるもの
  4. 一般社団法人次世代自動車振興センターが認定した販売・取付け店舗で取り付けられたものであること
  5. 飛騨市内の販売・取付け店舗により設置されたもの

※補助⾦の交付を受けた補助⾃動⾞は、後付け⽇から起算して1年6ヶ月間は、補助⾦の交付⽬的に反して、処分および転売等はしないでください。

補助⾦額(自己使用者への後付け)

上限2~4万円 【後付けにかかる費⽤に対して】

障害物検知機能付きの場合 上限4万円

障害物検知機能なしの場合 上限2万円

※国・その他機関からの助成を受ける場合は、費⽤の総額からその額を除いた額となります。

※補助⾦の交付は1⼈1回限りです。

対象補助装置

後付けのペダル踏み間違い時加速制御装置

アクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を抑制し、事故を防ぐ、または被害を軽減する目的で、既存の自動車に後付けで取り付けることができる装置で国土交通省が認定したもの

※補助装置は各メーカー、各⾞種等により異なる場合がありますので、対象の補助装置かどうかを事前によく確認してください。

一般社団法人次世代自動車振興センター

http://www.cev-pc.or.jp/support-car/atoduke-souchi.html<外部リンク>

申請に必要な書類

  1. 飛騨市⾼齢者安全運転⽀援事業補助⾦交付申請書兼実績報告書(様式第1号) [Wordファイル/20KB][PDFファイル/74KB]
  2. 販売・設置証明書(様式第2号)[Wordファイル/21KB][PDFファイル/61KB]
  3. 自動車検査証の写し
  4. 運転免許証の写し
  5. 支払額のわかるものの写し
  6. 飛騨市高齢者安全運転支援事業補助金交付請求書(様式第4号)[Wordファイル/21KB][PDFファイル/61KB]

■記載例(後付け装置) PDF [PDFファイル/219KB]

■チラシ PDF [PDFファイル/917KB]

申請期限(次のどちらか早い⽇)

  • 令和3年4⽉1⽇以降で後付けの急発進等抑制装置購入および取付けを行った日から2カ⽉以内
  • 同年度の3⽉15⽇まで(年度をまたいだ申請はできません)

 提出先

飛騨市 市民福祉部 地域包括ケア課 または 各振興事務所

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>