ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民保健課 > 手足口病の患者が増え始めています!

手足口病の患者が増え始めています!

印刷用ページを表示する掲載日:2019年8月8日更新

手足口病は、ウイルスの感染によって起こる感染症で、子どもを中心に、主に夏に流行します。現在、手足口病は、過去10年間で患者報告数が二番目に多く、すでに九州など西日本では大きな流行となっており、県内でも今後患者がさらに増えることが予想されますので注意が必要です。流水と石けんで十分に手洗いをするなど、感染の予防に努めましょう。

○手足口病に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

○手足口病とは(国立感染症研究所ホームページ)<外部リンク>

○ぎふ感染症かわら版 手足口病の患者が増え始めています!<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>