ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 観光課 > よくある質問(北ノ俣登山道について)

よくある質問(北ノ俣登山道について)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

北ノ俣の登山道はどこですか?

Q:北ノ俣の登山道はどこですか?
A:

大規模林道の飛越トンネルの飛騨市側入口から登山道がありますが、2019年6月1日現在、大規模林道(神岡和佐保地区~飛越トンネル間)が災害により全面通行止めとなっています。(岐阜県側から有峰方面、北ノ俣岳登山道(飛越トンネル脇)へは行くことができません。)
登山道名:飛越新道
その他情報:神岡町打保地区からの「神岡新道」があります。
 飛越新道登山口から北ノ俣山頂まで約7時間です。
 日帰り登山は困難です。避難小屋はありますが建物の基礎部分が老朽化により破損し、建物の傾きが大きくなっており危険なため、通常の宿泊・休憩での使用は休止しております。登山計画を立てられる際には十分ご注意ください。 入山届の記入・提出が必要です。

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>