ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 農業振興地域内農用地区域からの除外、編入、用途変更に関する手続き

農業振興地域内農用地区域からの除外、編入、用途変更に関する手続き

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

農振除外・編入・用途変更の申請

飛騨市では、「飛騨農業振興地域整備計画」の中で農業振興地域内農用地区域(以下「農振農用地」)を定め、その区域内において優先的に農業用排水路整備やほ場整備など各種補助事業を行い、農業の健全な発展を図っています。
 このため、農振農用地に指定されている土地は、原則として農地転用ができないなど厳しい制約があります。
 しかし、社会経済情勢の変動やその他の情勢の推移により、土地利用の見直しが必要な場合も生じることから、農業振興に支障がないなどの諸条件を満たす場合に限り、農振農用地からの除外(農振除外)、編入および用途区分変更(農業用施設用地への変更)の申請を受け付け、整備計画を変更しています。

 農振農用地に指定されているかの確認は、お電話でも結構です。
 地番により管理しておりますので、確認したい土地の地番をお申し出ください。

いつ原則年1回 7月20日~8月20日
※受付期間は年度により多少の変更がありますのでお問い合わせください。
誰が土地所有者 ※転用者が別の場合は連記申請
代理の可否可能(行政書士)
手続き方法直接窓口
受付窓口飛騨市役所 農業委員会事務局
〒509-4292 飛騨市古川町本町2-22
電話番号 0577-73-0152  ファクス番号 0577-73-0071
受付時間午前8時30分~午後5時15分
休日土曜日・日曜日・年末年始・国民の祝日(休日)
提出する書類除外申請
 農業振興地域内農用地区域除外申請書[Excelファイル/205KB]
編入申請
 農業振興地域内農用地区域編入申請書[Excelファイル/203KB]
用途区分変更申請
 農業振興地域内農用地区域用途区分変更申請書[Excelファイル/204KB]
添付書類
  1. 隣地承諾書(隣地が農振農用地である場合)[Wordファイル/41KB]
  2. 耕作者承諾書(申請書以外の者が耕作している場合)[Wordファイル/40KB]
    耕作者承諾書(申請書以外の者が耕作している場合)[PDFファイル/68KB]
  3. 補足説明書、参考例[PDFファイル/111KB]除外[PDFファイル/111KB]
    補足説明書、参考例除外編入・用途変更[PDFファイル/108KB]
  4. 土地利用計画図(現状写真を添付、建築物の場合は平面図も)[PDFファイル/274KB]
  5. 字絵図(申請地を朱塗り、分筆を行う場合は予定線を記入)
  6. 位置図(1/50,000程度)
  7. 住宅地図等位置がわかるもの
  8. 確約書

除外申請 上記すべての書類
編入申請 上記のうち、3、5~7の書類
用途区分変更 上記のうち、1~7の書類

持ち物
費用(手数料)無料
注意すること・申請書類提出後にいくつかの団体・機関等において協議され、その可否が決定されます。
・除外申請の許可後も農地ですので、転用する場合は改めて農業委員会の許可が必要です。
・除外申請は下記の要件をすべて満たすことが必要です。
  (1)緊急性を要するもの
  (2)農用地区域外に代わるべき土地がないこと
  (3)位置的に農地の集団性を浸食しないもの
  (4)農用地または農用地の利用上必要な施設に支障をきたさないこと
  (5)土地改良事業等農業用公共投資事業の完了後8年未満の農地でないこと
  (6)効率的かつ安定的な農業経営を営む者に対する農用地の利用集積
   に支障を及ぼす恐れがないこと
関連情報
所要時間・期間の目安許可通知 翌年3月頃発送
お問い合わせ受付窓口と同じ
資料
根拠法令等農業振興地域の整備に関する法律(昭和44年7月1日法律第58号)
その他

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>