ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 危機管理課 > 気象台から提供される情報

気象台から提供される情報

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

テレビやラジオ等をとおして、気象台から発表されるさまざまな情報に注意しましょう。

気象警報・注意報の種類

注意報

 大雨、洪水、暴風などにより災害が発生するおそれのあるときに注意を呼びかけて行う予報です。

 雨が止んでも、土砂災害等のおそれが残っている場合には発表を継続します。

 

警報

 大雨、洪水、暴風などにより重大な災害が発生するおそれのあるときに警戒を呼びかけて行う予報です。

 特に警戒すべき事項を標題に明示して「大雨警報(土砂災害)」、「大雨警報(浸水害)」のように発表します。

 

特別警報

 警報の発表基準をはるかに超える大雨等が予想され、重大な災害が発生するおそれが著しく高まっている場合、特別警報を発表し、最大級の警戒を呼びかけます。

 台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想される場合、若しくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合に発表します。

 

土砂災害警戒情報とは

 大雨警報(土砂災害)が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、市町村長の避難勧告や住民の自主避難の判断を支援するよう、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報で、都道府県と気象庁が共同で発表しています。

雨の強さ

雨の強さの画像

風の強さ

風の強さの画像

 


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>