ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 危機管理課 > 8月30日は飛騨市総合防災訓練です

8月30日は飛騨市総合防災訓練です

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月19日更新

8月30日(日曜日)に飛騨市総合防災訓練を行います

今年度の飛騨市総合防災訓練は、新型コロナウイルス感染症のおそれが払拭できないことから、 昨年までのように市民の皆さんが集まって避難行動を行う防災訓練は実施しません。その代わり、訓練内容を2つに区分し、一つは市民皆さんによる垂直避難訓練、もう一つは消防訓練を各町で実施します。

垂直避難訓練

垂直避難訓練については、飛騨市においては最も危険性があるのが土砂災害と洪水災害の二つです。これらに対しては、2階等への垂直避難を実施することにより、ほとんどの場合、難を逃れることができます。また、新型コロナウイルス感染症に対して、避難所における「3密」を避ける狙いがあります。飛騨市の避難の要領については「原則、垂直避難」を市の基本的な避難要領としました。

以上ことから、本年度の市民の皆さんには、当日、午前8時の放送に併せ、2階等への垂直避難訓練への参加をお願いします。広報ひだ7月号の裏表紙には、実施要領とチェックリストを掲載しますので、避難の参考にしてください。ただし、自宅等が土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)や2階以上への浸水が予測される場合には、水平避難として、公民館等への避難をお願いします。

消防訓練

消防訓練については、「火災」も災害の一つであり、住宅が密集している市内の住宅地では、脅威となります。昨年度は、水源から離れた火災を想定し、消防団による遠距離送水訓練を実施しました。今年度は、市街地における火災対応として、市内4町にそれぞれに訓練場所を設定し、消火訓練を実施します。特に訓練地域内では、消防自動車等がサイレンを鳴らして通行しますので、ご注意をお願いします。

※緊急車両がサイレンを鳴らして通行しますので、火事等とお間違えの無いようお願いします。

防災訓練スケジュール

08時00分~08時15分 垂直避難訓練

・8時の放送により、一斉に2階等への安全な場所に垂直避難訓練を実施

08時30分~09時30分 火災訓練

・ 地元区民による水消火器による初期消火

・ 地元区長による119番通報(通報後、サイレン)

・ 消防署・消防団による消火活動(水幕ホースを含む。)、救出活動

・ 消防署、警察署、地元区民による安否確認

10時15分~10時20分 一斉放水

・古川町宮川河川敷ヘリポート、河合町角川橋左岸で消防団による一斉放水

08時30分~11時30分 避難所開設訓練

・古川小学校、宮川小学校、角川体育館、神岡小学校、神岡中学校、桜ケ丘体育館、神岡町公民館で避難所開設訓練、ハートピア古川で福祉避難所開設訓練

 

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>