ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市整備課 > まちづくり交付金事業

まちづくり交付金事業

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

まちづくり交付金事業(古川地区)事後評価の公表について

 本市では、平成16年度より古川地区を対象に『まちづくり交付金事業』による道路・公園や公共公益施設などの一体的な整備を進めてきました。
  『まちづくり交付金事業』の交付最終年度にあたる平成20年度において、これまでに整備された道路・公園や公共公益施設などの施設が古川地区の課題解決にどのような効果を現したかを検討し、今後のまちづくりに活かすため、以下のスケジュール(事後評価の流れ)のとおり『まちづくり交付金事後評価』を実施してきました。

事後評価の流れの画像

 このたび、『まちづくり交付金事後評価』の結果がまとまりましたので、市民の皆さんに公表いたします。
 なお、評価結果の公表後については、今年度中に見込値となっている数値目標を確定値と整理し、フォローアップとして公表する予定です。

まちづくり交付金事業について

 まちづくり交付金は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るため、平成16年度に創設された国の交付金制度です。

まちづくり事後評価について

 事後評価は、まちづくり交付金がもたらした成果や成果の原因を指標等で客観的に評価・分析し、市民の皆さんに広く情報発信したうえで、今後のまちづくりに活かすことを目的とします。

まちづくり交付金事後評価原案の公表について

 事後評価を遂行し作成した、「まちづくり交付金事後評価結果」を公表します。 下記のファイルをご覧ください。

事後評価シート(様式2-1、2-2のみ)[PDFファイル/1.25MB]

※「まちづくり交付金事後評価結果」については、基盤整備部都市整備課の窓口においても平成21年9月1日(火曜日)~平成22年3月31日(土曜日、日曜日、祝日を除く)午前9時00分~午後5時00分まで閲覧できます。

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>