ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > ◎都竹市長の市政ゼミナールが開かれました

◎都竹市長の市政ゼミナールが開かれました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月22日更新

【広報まちの話題】
◎都竹市長の市政ゼミナールが開かれました
11月15日(木曜日)古川町公民館(総合会館)

都竹市長が飛騨市の取り組みについて分かりやすく解説する「都竹市長の市政ゼミナール」が古川町公民館で開かれ、市民ら約40人が参加しました。
 
このゼミナールは、10回シリーズで毎回テーマを設けて、市の現状や取り組み、課題などについて掘り下げて市長が解説します。
 
今回のテーマは「飛騨市の医療」で、都竹市長は医療提供の仕組み、市の医療提供体制や市民の健康状態の特徴など、飛騨市の医療の状況などについて分かりやすく解説しました。
 
ゼミでは、まず初めに医師や、看護師や准看護師など医療を提供する専門家や医療保険の仕組み、日本の公的医療保険制度は世界でも評価されていることなどについて説明がありました。
 
また、市の医療関係については、全国平均並みの医療費だが74歳以下の入院が多いことや市民の健康状態では、主要死因別死亡数が脳血管疾患・心疾患が27%を占めており県内ではワースト1位で、塩分の取りすぎによる血管の損傷が高血圧を引き起こし、脳梗塞や脳出血など心配されるため塩分を控えた食事をしてほしいなどの説明がありました。
 
医療における課題と対策については、飛騨市民病院の医師不足に対する医師の確保対策として研修医の受け入れ促進やICTツールを活用した多職種連携、子どものころからの減塩チャレンジプロジェクト、健康づくりプロジェクトなどについて説明をしました。
 
今後は、現状の医療資源維持・確保の対応を基本に、限られた医療資源を地域でいかに最大化させるかを課題として、医療人材の確保、効率的・効果的な連携手法の確立、市民には医療負担をかけない自らの健康なこころとからだづくりへの取り組みのための地域環境の整備などについて話がありました。

 

1

 

2

 

3

 
【今後の開催予定】
12月21日(金曜日)神岡町公民館
「飛騨市の林業について」
※いずれも19時00分~20時30分
 
【市長と共にふれあいトーク】
市長と司会との対話形式でテーマにまつわるトークとテーマに関するゲストをお招きし対話する「市長と共にふれあいトーク」が下記のとおり開催されます。
テーマは「飛騨市の農業」です。
今回は、市内農家の皆さんをお招きし、農業について熱く語っていただきます。

●日時
11月29日(木曜日)
19時00分~20時30分
●場所
FabCafe Hida(古川町弐之町)

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>