ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 古川西小学校の児童が山中和紙づくり体験を行いました

古川西小学校の児童が山中和紙づくり体験を行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月19日更新

【広報まちの話題】
◎古川西小学校の児童が山中和紙づくり体験を行いました
11月19日(月曜日)河合町 いなか工芸館

古川西小学校4年生の児童が河合町のいなか工芸館で、「山中和紙づくり体験」を行いました。

この体験は、総合的な学習「ふるさと学習」の一環で、和紙づくりを体験して、地元に伝わる伝統や文化について学ぶものです。

この日は、山中和紙を長年生産している柏木一枝さんから紙すきの指導を受けながら、一人ひとり丁寧に和紙を作りました。

児童らは、柏木さんの指導を受けながら、和紙の原料となる「こうぞ」と接着剤の「とろろあおい」の入ったすき舟(水槽)に、簀桁(すけた)と言われる型枠に原材料を流し込んでから、カエデの葉を飾り、脱水をして丁寧に簀桁から和紙をはがしました。その後、紙乾燥機にはがした和紙を一枚一枚貼付け、ツバキの葉で和紙のシワをのばし、乾燥させて山中和紙を完成させました。

また、水をためたトレイに墨汁を垂らし、そこに和紙を入れて模様とる「墨流し体験」も行われました。

参加した児童は「簀桁から和紙をはがすのが難しかったけど、上手につくれて嬉しかった」と感想を話してくれました。

山中和紙づくり体験

 

山中和紙づくり体験

 

山中和紙づくり体験

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>