ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > クマの生態と被害対策に関する講演会

クマの生態と被害対策に関する講演会

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月27日更新

【広報まちの話題】
◎クマの生態と被害対策に関する講演会
9月27日(金曜日) 市役所

クマの生態と被害の対策を考える講演会(市鳥獣被害対策研修会)が27日、市役所で行われ市民ら約40人が参加しました。

市では、市内でクマの目撃が多発していることから9月4日に「クマ出没警報」を発令しており、この講演は警報発令の注意喚起の一環として市民の皆さんが正しいクマの生態を知り、防除対策を学ぶことでクマによる人身被害等を予防することを目的に開催されました。

この日は、NPO法人Wildlife Service Japanの森元萌弥理事長が講師を務め、本州に生息するツキノワグマの生態やドングリの凶作などによる大量出没の原因、クマとの遭遇を避けるために自分の存在をクマに知らせること、むやみに捕獲をしないことなどを解説しました。

森元理事長は「クマに出会わないことが最も大切です。鈴やラジオで自分の存在を知らせることや、クマがいる場所へ近づかないよう注意が必要です」と呼びかけました。

クマ講演会

 

クマ講演会

 

クマ講演会

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>