ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 第24回全日本高校・大学生書道展で飛騨市の生徒3人が賞受賞報告

第24回全日本高校・大学生書道展で飛騨市の生徒3人が賞受賞報告

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月5日更新

【広報まちの話題】
◎第24回全日本高校・大学生書道展で飛騨市の生徒3人が個人で優秀賞
12月5日(木曜日) 市長室
第24回全日本高校・大学生書道展で、飛騨高山高校(岡本校舎)の書道部が団体の部で5位、また個人の部で飛騨市の生徒3人が優秀賞を受賞したとして5日、市役所を訪問し都竹市長に受賞を報告しました。

同書道展は、書芸術の継承と発展を担う若者を対象に創設された書道展で、公益財団法人日本書芸院などが主催。今回は、全国の高校・大学生から10,402点が出品され、8月には同書道展大賞、同書道展賞、優秀賞の約1,000点が大阪市立美術館・地下展覧会室に展示されました。

この日は、同校2年生の渡邉菜月さん(古川町)、1年生の坂下舞香さん(神岡町)、上窪千賀さん(古川町)が市長室を訪れ、都竹市長に受賞の喜びを報告しました。

渡邉さんは「去年は技術力もなく、分からないことばかりで賞には入れませんでしたが、今年は優秀賞に入ることができてとても嬉しい。来年は上の賞に入れるよう頑張りたい」、坂下さんは「初出品でしたが、先輩の姿を見ながら頑張って、賞をもらうことができてとても嬉しかった。今後も毎日の練習を積み重ねて上位を目指したい」、上窪さんは「優秀賞に入ることができてとても嬉しい。今後さらに技術面や気持ちの面を向上させて、大賞や展賞を目指して頑張りたい」と話しました。

都竹市長は「市の美術展や飛越交流展などいろいろな交流の機会を活かして、さらに腕を磨いたり競いながら、一生の取り組みとして頑張ってほしい」と話しました。

市長報告

 

市長報告

 

 

市長報告

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>