ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 「大坪酒造店別邸」国登録有形文化財登録プレート伝達

「大坪酒造店別邸」国登録有形文化財登録プレート伝達

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月25日更新

【広報まちの話題】
◎「大坪酒造店別邸」国登録有形文化財登録プレート伝達
12月25日(木曜日)神岡町 大坪酒造店別邸

今年の9月に国登録有形文化財に登録された、神岡町の「大坪酒造店別邸」で25日、同店代表取締役社長の大坪和己さんに文化庁から記念のプレートが贈られました。

同別邸は大正前期の建築で、1929年の大火事「船津大火」の被害を免れ、建築当時のようすも残しており、お客を招くなど交流の場として今でも使用されています。また、平屋建てで主屋と上座敷、庭と庭が対角に配列されており、どの部屋からも園庭を眺めることができます。

この日は、沖畑教育長が同別邸を訪問し、プレートと登録証を大坪さんに伝達しました。大坪さんは「とても誇らしくうれしいです。建物を残していく努力も報われました」と喜びを話しました。

国登録有形文化財登録プレート伝達

 

国登録有形文化財登録プレート伝達

 

国登録有形文化財登録プレート伝達

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>