ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 古川小学校の児童が飛騨古川の祝い唄を練習しました

古川小学校の児童が飛騨古川の祝い唄を練習しました

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月24日更新

【広報まちの話題】
◎古川小学校の児童が飛騨古川の祝い唄を練習しました
1月24日(金曜日)古川小学校

古川小学校6年生76人が24日、地域に伝わる祝い唄「若松様」と「ぜんぜのこ」を学び、今後他校との交流などで発表予定の、地域を紹介する替え歌を練習しました。

児童らは、教わった祝い唄で地域の魅力を伝えようと、児童10グループが1行ずつ「ぜんぜのこ」の歌詞を考え、古川祭や瀬戸川など町の魅力を唄にしました。

練習では、南さんから「歌詞の意味を考えながら唄いましょう。唄いだしの音程を間違えないように」などとアドバイスを受けながら、手拍子や太鼓の音に合わせて唄を練習しました。

祝い唄練習

 

祝い唄練習

 

祝い唄練習

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>