ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 飛騨神岡高校で選挙制度の出前講座と模擬投票が行われました

飛騨神岡高校で選挙制度の出前講座と模擬投票が行われました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月21日更新

【広報まちの話題】
◎飛騨神岡高校で選挙制度の出前講座と模擬投票が行われました
6月19日(火曜日)飛騨神岡高校

飛騨神岡高校で選挙の大切さや投票の方法などについて理解を深め、将来の投票への参加に結びつけることを目的として、選挙制度の出前講座と模擬投票が行われ、3年生の生徒67人が授業を受けました。

この日は、県選挙管理委員会飛騨地方事務局と市選挙管理事務局から職員が訪れ、選挙制度やインターネットを利用した選挙運動、投票率についての講座が行われました。
また、昨年の衆議院議員選挙の比例代表選出議員選挙を題材とした模擬投票が行われ、実際の投票所と同じ環境で投票から結果発表まで行われました。

同校生徒の島田哲汰さんは「一票の大切さを知ることができ、有権者のひとりという実感が持てた。選挙の時は、積極的に投票に行きたい」と話してくれました。

講座の様子

 

模擬投票の様子

 

模擬投票の様子

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>