ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 黒内果樹園で桃の出荷が始まりました

黒内果樹園で桃の出荷が始まりました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月1日更新

【広報まちの話題】
◎黒内果樹園で桃の出荷が始まりました

8月1日 (水曜日) 黒内果樹園

黒内果樹園で桃の出荷が始まりました。

黒内果樹園では、7月下旬から「白鳳」という品種の桃を1日約70キログラム収穫しています。
また、8月下旬までには約45トンの収穫を予定しています。

この日は、強い日差しの中、生産者の皆さんが自分の背丈より高いはしごを持って園内を回り、食べごろになった桃を一つ一つ丁寧に手作業で収穫しました。

黒内果樹園組合長の天木政彦さんは「今年の桃の量は今までの年と比べると少ないほうだが、食べていただいた皆さんに喜んでもらいたい」と話していました。

※この記事は、吉城高校3年生の中田侑希さんと2年生の堀たんぽぽさんがインターンシップで作成したものです

出荷の様子

 

収穫の様子

 

収穫の様子

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>