ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 天の夕顔「中河与一文学資料室」がリニューアルオープンしました

天の夕顔「中河与一文学資料室」がリニューアルオープンしました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月23日更新

【広報まちの話題】
⦿天の夕顔「中河与一文学資料室」がリニューアルオープンしました
10月6日(土曜日) 神岡町 奥飛騨山之村牧場
 
恋愛小説の佳作「天の夕顔」の舞台となった神岡町山之村で10月6日、天の夕顔「中河与一文学資料室」のリニューアルオープン記念イベントが奥飛騨山之村牧場で行われました。
 
この記念イベントは、小説「天の夕顔」で一躍ベストセラー作家となった中河与一文学資料室が、同地区の奥飛騨山之村牧場に移転したため行われました。
 
資料室はもともと旧神岡町時代に同地区の「夕顔の駅」内にありましたが、建物の老朽化や来訪者が少なかったことから、より多くの人たちに見てもらおうと同牧場へ移転しました。
 
この日は、同牧場のエントランスに設置された資料室の前で、都竹市長や関係者らオープニングセレモニーが行われテープカットが行われました。
 
都竹市長は「天の夕顔が昭和13年に発表され今年で80周年となります。この節目の年に改めてこの作品の魅力や偉大な作家である中河与一さんを顕彰できることはすばらしいことです。この地において立派な作品や偉大な作家の業績を引き続き永く受け継いでもらいたい」とあいさつしました。
 
また、セレモニー終了後には、論文で「天の夕顔」論を発表されている岐阜大学副学長の林正子先生による記念講演が行われ、「中河与一「天の夕顔」の魅力」と題して、中河与一さんの人生と文学、天の夕顔のあらすじや魅力などについての話がありました。
 
この資料室には、中河与一さんの写真のほか書、愛用のゴルフバッグなど100点近く展示され、入場は無料となっています。

 

1

2

 

3

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>