ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 飛騨で初めて経鼻胃内視鏡検査検診車での胃がん検診が行われました

飛騨で初めて経鼻胃内視鏡検査検診車での胃がん検診が行われました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月23日更新

【広報まちの話題】
⦿飛騨で初めて経鼻胃内視鏡検査検診車での胃がん検診が行われました
10月5日(金曜日) 古川町保健センター
 
市では、バリウムが苦手な人や働いていて普段は胃がん検診を受けにくいという方に胃がん検診を受けてもらおうと、飛騨地区で初めて検診車での経鼻胃内視鏡検査検診が実施されました。
 
この検診は、山県市にあるJA厚生連岐北厚生病院から胃内視鏡検診車が来訪し、週末の金曜日、土曜日、日曜日に行われました。このバスの中で胃内視鏡検査を行うことができ、鎮静剤を使わないため、画像を見ながら医師が説明を行い、より鮮明な画像で胃の内面を見ることができるため、胃エックス線撮影より確実ながん検診を行うことができます。
 
この日は、事前に検診を申し込んだ市民ら40人が古川町保健センターを訪れ、簡単な問診の後、検診車に乗り込み、問診も併せて20分程度の検査を受診しました。

今回の対象者は、50歳から74歳で自己負担額は3,000円。完全予約制で100人の申し込みがありました。今年度の検診は終了しましたが、来年度以降も内容を検討した上で継続して行われる予定です。

 

詳しくは、古川町保健センターまでお問い合わせください。

電話番号0577-73-2948

1

 

2

 

3

Googleカレンダーに登録する<外部リンク>
Yahoo!カレンダーに登録する<外部リンク>

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>