ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 電源立地地域対策交付金事業の公表

電源立地地域対策交付金事業の公表

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月6日更新

再生可能エネルギー

電源立地地域対策交付金事業の紹介

電源立地地域対策交付金とは、発電用施設等の周辺地域が行う公共用施設の整備、地域住民の生活の利便性向上および産業の振興に貢献する事業を交付対象とする交付金制度です。

飛騨市内には、角川ダムの他18箇所に水力発電用施設があり、「飛騨市消防署運営事業」を対象に交付金を受けています。

平成29年度電源立地地域対策交付金事業報告

 飛騨市では、平成29年度において、電源立地地域対策交付金(87,258千円)を地域住民の安全な生活を確保するため、消防職員(消防、救急および救助に専従の者)の給料の一部として活用しています。

平成29年度電源立地地域対策交付金事業評価報告書 [PDFファイル/141KB]

外部サイトへのリンク

電源立地地域対策交付金を活用した事業概要の公表について(岐阜県庁ホームページ<外部リンク>

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>