ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 岐阜県からの営業時間短縮の協力要請及び協力金(第4弾)について(2月8日~3月7日)

岐阜県からの営業時間短縮の協力要請及び協力金(第4弾)について(2月8日~3月7日)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年2月10日更新

岐阜県からの営業時間短縮の協力要請(第4弾)​(2月8日追加)

国の緊急事態宣言が延長され、岐阜県の営業時間短縮の要請期間も延長になりました。

 

 

第2弾(1月11日まで)第3弾(1月12日から)第4弾(2月8日から)

対象期間

12月18日~1月11日
(全期間営業時間 短縮)

1月12日~2月7日
(全期間営業時間短縮)

2月8日~3月7日
(全期間営業時間短縮)

時短要請

営業時間21時まで

営業時間20時まで
(酒類提供は11時~19時)

営業時間20時まで
(酒類提供は11時~19時)

協力金

1店舗100万円

1店舗154万円

1店舗168万円
受給要件
追加
  岐阜県の「新型コロナ対策実施店舗向けステッカー」を掲示

協力金は「課税対象」です

協力金は事業所得等に区分されるものであるため、所得税等の課税対象となります。所得が上がることで、市県民税、国民健康保険料、介護保険料、保育料、市営住宅家賃等が変更となる場合がありますので、ご注意ください。

​自らの店舗が協力金の対象となるかなど詳細は、必ず下記の「岐阜県ホームページ」や「専用相談窓口」でご確認ください。

岐阜県からの営業時間短縮の協力要請(第3弾)​(1月9日追加)

令和3年1月12日~令和3年2月7日

感染拡大が止まらない新型コロナウイルス感染症の拡散抑制のため、岐阜県からの酒類提供の飲食店に対する時短営業要請について、要請期間の延長、要請時間の変更となりました。

 

第2弾(1月11日まで)第3弾(1月12日から)

対象期間

12月18日~1月11日
(全期間営業時間短縮)

1月12日~2月7日
(全期間営業時間短縮)

時短要請

21時までの営業時間短縮

20時までの営業時間短縮及び酒類提供は19時まで

協力金

1店舗100万円

1店舗108万円

​自らの店舗が協力金の対象となるかについては、必ず下記の「岐阜県ホームページ」や「専用相談窓口」でご確認ください。

岐阜県からの営業時間短縮の協力要請​(第2弾)

令和2年12月18日~令和3年1月11日

岐阜県では日々感染拡大している新型コロナウイルス感染症の拡散抑制のため、令和2年12月18日(金曜日)21時~令和3年1月11日(月曜日)24時まで酒類の提供を行う飲食店等の営業時間の短縮要請を行い、飛騨市も対象地域となりました。

県の要請に応じて対象期間中すべての期間において、営業時間の短縮にご協力いただける事業者に対して、協力金(第2弾)(1店舗につき100万円)が支給されます。​

​自らの店舗が協力金の対象となるかについては、必ず下記の「岐阜県ホームページ」や「専用相談窓口」でご確認ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>