ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 感染対策専門医による事業所のスクリーニング研修会の開催

感染対策専門医による事業所のスクリーニング研修会の開催

印刷用ページを表示する掲載日:2021年4月22日更新

公的施設、介護施設などのエッセンシャルサービスを提供する事業所を対象に、市の感染症対策専門医による抗原定性検査キットの検体採取に係る注意点等の実地指導や感染対策の時事講演を行います。

事業の概要

事業所等で感染者が発生した際、行政検査対象外の方々を早期にスクリーニングするため、飛騨市では医療法人社団成仁病院の治験に参加し、早期に判定可能な抗原定性検査キットを備蓄しました。

この検査キットを、感染者が発生した際の実際の現場で正しく迅速に使用するため、使用の際の留意点等を学ぶ実地指導や感染症対策の正しい知識を学ぶ研修会を開催します。

研修会の実施方法

内容

  1. 検体採取方法や留意点等にかかる実地指導
  2. 感染対策や検査等に関する講義

講師

  • 飛騨市ICD医師 中林 玄一(飛騨市民病院)
    ※ICD(インフェクションコントロールドクター)とは、感染症や感染制御を専門に取り扱う医療従事者

【第1回】 医療介護連携従事者研修会

  • 日  程 令和3年4月28日(水曜日)17時20分から18時35分まで
  • 場  所 ハートピア古川(テレビ会議システム併用)
  • 対象者 医療・介護等の従事者

【第2回】 エッセンシャルワーカー研修会

  • 日  程 令和3年5月予定
  • 場  所 未定
  • 対象者 市内に本社・本店を有し、市内における代替手段のない公共サービスを主たる事業とする事業者(医療、保育、障がい福祉、環境・衛生、火葬、公共交通、ガス・上下水道、その他市長が必要と認める事業)

両会場とも各事業所の代表者数名の参加とし、テレビ会議システムによる中継を行います。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>