ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 飛騨市立小・中学校における新型コロナウイルス感染者発生時の公表方針

飛騨市立小・中学校における新型コロナウイルス感染者発生時の公表方針

印刷用ページを表示する掲載日:2021年9月17日更新

 岐阜県では、「学校を含む関連施設において、感染者数が5名以上のクラスターが発生した場合は、記者発表を行います。感染者数が5名未満では、原則記者発表を行いません。ただし、施設閉鎖(学級閉鎖)等の対応を行う場合には、5名未満であっても記者発表を行います。」としています。飛騨市教育委員会も同様に、他の児童生徒への感染の可能性があり、感染拡大防止のため学級閉鎖等を実施する場合は、関係者の不安を和らげ、諸機関による検査が適切に行われるようにするために、学校名を公表し対応します。

 現在、どの地域においても、誰もが新型コロナウイルスの感染者、濃厚接触者になりうる状況にあります。市民の皆様には、改めて感染者の立場を自分のこととして考え、感染者とその家族、関係者を思いやって、やさしく接していただきますようお願いいたします。

※対応について不明な点がある場合は、飛騨市教育委員会へご相談ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>