ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 新型コロナウイルスワクチンの有効期限延長

新型コロナウイルスワクチンの有効期限延長

印刷用ページを表示する掲載日:2022年2月28日更新

厚生労働省から、ファイザー社製ワクチンおよび武田/モデルナ社製ワクチンの有効期間の延長について通知があり、ワクチンの有効期限が6カ月から9カ月へと延長されました。

ワクチン接種時に交付している「新型コロナウイルスワクチン 予防接種済証(臨時接種)」等に貼り付けるワクチンの製造番号シールにも、有効期限が9カ月よりも短い期間で印字されている場合がありますが、ワクチンの有効期限が延長されており、接種しても差し支えない期限とされていますのでご安心ください。

有効期限の取り扱いについて詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください。

新型コロナワクチンの有効期限の取扱いについて<外部リンク>


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>