ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 第11回飛騨市コロナ・物価高騰総合対策本部会議の結果(要旨)

第11回飛騨市コロナ・物価高騰総合対策本部会議の結果(要旨)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年12月23日更新

会議結果(要旨)

会議での決定事項等は、以下のとおりです。​

  • 換気の仕方について、わずかに窓を開ける、指1本分だけでも効果的である。Co2メーター等で二酸化炭素濃度を把握したり、サーキュレーターを使用するなど、暖房費のバランスもあるのでそれぞれの職場で工夫するように。
  • 研究用検査キットを使用している団体がいることから、各種団体への周知、周知の仕方が必要。
  • 陽性者が増えてくると、ワクチン接種していない方から「いつ接種したら良いか」とのお尋ねが寄せられる。
  • 陽性者は2価ワクチンをどのタイミングで接種すれば良いか、市民病院、中林先生に相談し、市民皆さんへ周知するように。
  • 子どもの感染が多いが、小さい子だと家庭での完全隔離は無理、小さな子どもが居る家族へのワクチン接種の呼びかけをするように。
  • 子どもの症状把握は可能か。学校等で概ねの傾向を把握し、家庭向け告知に役立てて欲しい。
  • 学校、保育園等関係者に対し親が確実にワクチン接種する事、トレンド、傾向を告知できるように教育委員会と連携して市民福祉部で対応するように。
  • 発熱外来、病院、、クリニックの負担を減らすために発熱外来センターの利用について、セルフ検査と県フォローアップセンターの周知なども含め、医師会と調整し市民への告知を検討するように。​

会議録(要旨) [PDFファイル/338KB]

【問】危機管理課
電話番号0577-62-8902

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)