ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

事業者の方への支援

印刷用ページを表示する掲載日:2021年2月5日更新

新型コロナの影響を受けている​事業者の方へ 

お勤めの方、パート・アルバイトの方など個人の方への支援は、トップページの「市民の皆さまへ」の支援をご覧ください。

「資金繰りが苦しい」事業者の方へ

家賃支援給付金ー​売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金が法人最大600万円、個人事業主最大300万円支給されます。​
持続化給付金​ー新型コロナの影響により、売上が去年の同じ月より50%以上減少した事業所を対象に、法人は最大200万円、個人事業主は最大100万円が支給されます。​
​基本的にオンライン申請となっていますが、パソコンなどが苦手な方のために申請サポート会場による対面申請の体制も準備されています。対面申請には事前に書類を完成している必要があります。申請をご検討されている方は、まず市内商工団体へご相談ください。
古川町商工会  電話:0577-73-2624
神岡商工会議所 電話:0578-82-1130

「雇用維持を何とかしたい」事業者の方へ

飛騨市新型コロナウイルス要因による雇用調整支援金​
休業などを行う際に、雇用を維持するために必要な休業手当、賃金等に公共職業安定所の雇用調整助成金を活用した場合に、事業者負担分相当を市で補助します

離職者を雇用する」方、「雇用できる新事業をお考え」の方へ

みんなで仕事づくり応援パッケージ
■緊急市民雇用奨励金制度​(10月9日受付終了)
市内事業者等が、週10時間以上かつ1カ月以上の条件で、新型コロナの影響により仕事に困っている市民を緊急的に雇用した場合、人件費相当額(880円)​を、市からの奨励金として雇用主に交付します
■緊急事業創出支援制度(新規事業提案型。7月10日受付終了)​​
新しい分野の仕事づくりを提案し、新型コロナの影響により仕事に困っている市民を緊急的に雇用することで、その提案を実践しようとする市内事業者等に対し、新規雇用者の人件費相当額(880円)に定額10万円を加えた額を、市からの委託業務として提案者に発注します。また、市の重要な政策の推進を後押しする取組等である場合は、インセンティブ分として10~40万円を委託料に上乗せします。​
■事業継続支援制度(代替事業提案型。7月10日受付終了)
​新型コロナの影響により本業に制約を受けている市内事業者が、コロナ終息後の本業の復興につながる短期間の代替業務(メニュー・商品の開発やホームページの開設など)を行おうとする提案にについて、代替業務に従事する方の人件費相当額(880円)に定額10万円を加えた額を、市からの委託業務として提案者に発注します。また、市の重要な政策の推進を後押しする取組等である場合は、インセンティブ分として10~40万円を委託料に上乗せします。

「経営に困っている」事業者の方へ

​【支援】​

【販売促進】​

感染対策

【支援】

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>