ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 手づくりマスクの作り方

手づくりマスクの作り方

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月20日更新

手づくりマスクで咳エチケットをおこないましょう

現在、使い捨て(不織布)マスクが手に入りにくい状態が続いており、手づくりマスク(布マスク)にも注目が集まってきました。
新型コロナウイルスは、とても小さくマスクの目や、マスクと顔のわずかな隙間を通り抜けるため、市販の使い捨てマスクでも、布製マスクでも完全に防ぐことはできません。
しかし、マスクを付けることで、飛まつ予防、口や鼻への飛まつ直接付着防止や鼻・口のどの保湿をすることができます。
ご家庭で使用していないハンカチなどありましたら、ぜひ作ってみてくください。作り方はとても簡単ですので、チラシをご覧ください。
なお、現在、岐阜県「みんなでマスクを作ろう!運動」<外部リンク>が開催されています。キッチンペーパーやハンカチ、布を使った作り方など紹介されています。お試しください。

手づくりマスクの作り方1

手づくりマスクの作り方2

手づくりマスク(布マスク)については、コチラからご覧いただけます [PDFファイル/307KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>