ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 【期間延長:令和3年9月30日まで】市民を対象とした医療機関での無症状PCR検査等の助成

【期間延長:令和3年9月30日まで】市民を対象とした医療機関での無症状PCR検査等の助成

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月25日更新

無症状の新型コロナウイルス感染者を早期に発見し、市民の不安の解消と市中感染の防止を図るため、市民自らの希望により市内医療機関でPCR検査等*(自費検査)を受ける場合に検査費用の一部を助成します。

*PCR検査およびTMA法・LAMP法などの核酸検出検査

制度の概要

 行政によるPCR検査は、陽性者と濃厚接触があった方や、発熱などの症状があり医療機関等において検査が必要と判断された方を対象に無償で実施されます。
 一方、行政検査の対象とならなかった方や感染拡大地域との往来が必要な方の中には、無症状感染の可能性に不安を覚える方も少なくありません。
 このため、自費検査に対応した市内医療機関において、市民自らの希望に基づいて実施する無症状者PCR検査等(自費検査)に対する助成制度を創設します。

実施方法

対象者

無症状での新型コロナウイルス感染に不安のある市民


【事例】

  • 子や孫が帰省したので、デイサービスなどを利用する前に検査を受けたい
  • 孫や赤ちゃんに会う前に検査を受けたい
  • 冠婚葬祭など、大勢の人が集まる機会があるので検査を受けたい
  • 県外に出張したので、感染しているかどうか心配なため検査を受けたい

対象機関

無症状者の自費検査を行う市内医療機関
(令和3年3月16日現在:古川病院、大高医院、垣内クリニック、河合医院、玉舎クリニック、本町クリニック、飛騨市民病院、河合診療所、宮川診療所)

助成金額

自己負担額1万円/回で検査を受けられます(回数制限なし)
※抗原検査および検査キットによる簡易検査、検査結果証明書の発行は助成対象となりません。

申込方法

対象医療機関に事前予約のうえ、医療機関窓口にてお申し込みください
※検査の際は住所確認ができるもの(運転免許証等)を必ず提示してください

対象期間

令和3年2月8日(月曜日)~ 令和3年9月30日(木曜日)に実施した検査


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>