ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 飛騨市こどものこころクリニック > こどものこころクリニックにおける気象警報等発表時の診察業務について

こどものこころクリニックにおける気象警報等発表時の診察業務について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年1月13日更新

受診されるみなさまへ

 昨今は飛騨地域において大雪や長雨や局地的な豪雨、それに伴う土砂災害等が発生しており、学校等に
 おいても自宅待機や臨時休校など、危険を回避し命を守ることを原則とした対応がとられています。

 このことから、当クリニックでは、来院する患者様の安心・安全を図るため、気象警報等発表時の診察
 業務について下記のとおり定め、運営することとしました。

 患者様には自らの命を守ることを最優先に、今後も安心・安全にご来院いただくための対応ですので、
 何卒ご理解くださいますようお願いします。

気象警報等発表時の対応  ※すべて朝6時の段階を指します

1、飛騨地域に「特別警報」が発令されているとき

「臨時休診(終日)」となります

  終日休診とし、特別警報が解除となってもその日は診察を行いませんので、来院されないようお願いします。
  後日、クリニックから予約日変更の連絡を入れます。

2、飛騨地域に「暴風警報や暴風雪警報」または「大雨警報と洪水警報」が発令されているとき

「臨時休診(終日または午前のみ)」となります

  基本的に終日休診ですが、警報解除となり安全が確認できる場合は、診療所長の判断により午後からのみ
  診察を行う場合があります。その際は、クリニックから午後予約の患者様へその旨をご連絡します。
 

  ※上記1、2のほか、気象状況により休診となる場合もあります

 

↓警報等発表時 臨時休診フローシート↓

気象警報等フロー

お願い

 上記の対応は、患者様の来院時や帰宅時の危険回避のための休診ですので来院されないようお願いします。
 また、来院できない旨の連絡も不要ですので、自らの命を守る行動をとってください。なお、予約日変更に
 ついては、後日クリニックからご連絡いたします。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>