ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 障がい福祉課 > 飛騨市店舗バリアフリー化事業補助金制度を新設しました

飛騨市店舗バリアフリー化事業補助金制度を新設しました

印刷用ページを表示する掲載日:2020年10月15日更新

飛騨市店舗バリアフリー化事業補助金

障がいのある方が安心して利用できるよう、店舗をバリアフリー化する事業者を支援します

目的

店舗をバリアフリー化することで、障がいのある方が市内店舗をストレスなく利用できることを目的とします

対象店舗

・市内で1年以上営業している直接顧客と対面する商売をおこなう小売業、飲食業およびサービス業

対象者条件

・市内に住所を有する個人または法人

・市税等滞納がないこと。

・周辺と調和のとれた街並み景観の形成(飛騨市都市景観条例の規定を順守)に努めること。

対象となる工事内容など

(1) 主に接客に要する店舗部分の改造、改装に要する経費(備品購入費や設備は除く)とし、市が認める範囲。

(2) バリアフリーに係る工事費用が、30万円(消費税抜き)以上であること。

(3) 市内に本社もしくは支店・営業所を有している法人または、市内に住所を有する個人事業主が施工するバリ

       アフリー化工事であること。

※老朽化した部分の維持管理修繕や、申請者自らが行う工事業者を伴わない機器、設備等の購入および設置工事など、対象とならない工事があります。詳細は障がい福祉課窓口までお問合せください。

助成内容

・補助対象工事費の2/3以内とし、限度額200万円

申し込み方法

・事業に着手(事前経費の事前支払も含む)する前に、直接下記にお問い合わせください。(事前審査には2週間程度を要しますので、余裕をもって申請願います。)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>