ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 障がい福祉課 > 「HIDAまちなかアート」原画展などを開催(11月6・7日)

「HIDAまちなかアート」原画展などを開催(11月6・7日)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年10月30日更新

 (公財)岐阜県教育文化財団 岐阜県障がい者芸術文化支援センター(通称:TASCぎふ)では、下記のとおり「HIDAまちなかアート」を開催します。

「HIDAまちなかアート」の概要

 いろんなみんなの展覧会巡回展の位置づけとして、飛騨市の福祉団体、特別支援学校とともに連絡協議会を設置し、展覧会を企画しました。11月6日(土曜日)・7日(日曜日)に、古川町公民館において、飛騨地域の作家3名、特別支援学校の児童生徒や、福祉施設利用者の作品を展示します。

また、10月1日より飛騨市内10箇所の店舗等において、河合町に約800年前から伝わる伝統的な手漉き和紙である山中和紙に作品をプリントして展示しています。地域住民の皆さんにまち歩きを楽しみながら作品を見ていただく機会を創出することで、障がい者の芸術文化活動への関心を高めていただき、共生社会へ向けた機会とします。

わくわくするアートな時間を!原画展などの開催

特別支援学校の児童生徒や福祉施設利用者の作品の原画展が開催されます。これに合わせ、重度心身障がいをお持ちの児童の保護者の会「あかりんぐ」の写真展、ハンドサインや絵を使って声を出さないでコミュニケーションをとる「黙々タイム」などさまざまな催しが行われます。また、6日(土曜日)には、『障がい児者の芸術を通した社会参加・まちづくり』と題したシンポジウムも開催されます。

(シンポジウムの参加申し込みは締め切りました。飛騨圏域(飛騨市・高山市・下呂市・白川村)在住者のみ当日参加可能です)

会場

飛騨市古川町公民館(古川町若宮) ロビーほか

スケジュール

11月6日(土曜日)

10時00分~12時00分 アートシンポジウム「障がい児者の芸術を通した社会参加・まちづくり」

10時00分~17時00分 HIDAまちなかアート原画展

10時00分~17時00分 あかりんぐ写真展

10時00分~15時00分 みんなでゴロンアート(床に寝転がって写真撮影を行う。)

13時00分~16時00分 黙々タイム(ハンドサインや絵を使い、声を出さないにコミュニケーションを体験)

11月7日(日曜日)

10時00分~16時00分 HIDAまちなかアート原画展

10時00分~16時00分 あかりんぐ写真展

10時00分~15時00分 みんなでゴロンアート(床に寝転がって写真撮影を行う。)

13時00分~16時00分 黙々タイム(ハンドサインや絵を使い、声を出さないにコミュニケーションを体験)

HIDAまちなかアート

日時 

令和3年10月1日(金曜日)~11月7日(日曜日)

※会期中の休館日:別添のHIDAまちなかアートマップ [PDFファイル/333KB]を参照ください。

HIDAまちなかアートマップ

場所

飛騨市内店舗等10箇所

※古川町公民館(11月6日(土曜日)・7(日曜日)のみ)

観覧料

無料

お問い合わせ先

岐阜県障がい者芸術文化支援センター(TASCぎふ)

電話番号 058-233-5377 (平日 8時30分~17時15分)

ファクス番号 058-233-5811

Mail tasc-gifu@g-kyoubun.or.jp

URL  https://www.tascgifu.com<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>