ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 新型コロナウイルスワクチン接種推進室

新型コロナウイルスワクチン接種推進室

新型コロナワクチンの接種に関する情報

現在国から配給されています新型コロナウイルスのワクチンは、医療従事者、高齢者施設などの入所者および従事者、高齢者、基礎疾患を有する方の順に接種することとなっています。

早い市町村では、既に高齢者の方への接種が始められているようですが、飛騨市におきましては、国からのワクチン配給の遅れにより、65歳以上の高齢者に対するワクチン接種のための「接種券」を、5月の連休明けに発送する予定としています。「接種券」は青色の封筒で郵送されてきます。今しばらくお待ちください。

また、接種の予約開始日につきましては、改めてお知らせします。

ご不明な点は、飛騨市ワクチン接種の相談を受け付けていますコールセンター電話0577-62-9030をご利用ください。

新型コロナウイルスの「ワクチン接種」の準備状況についての市長メッセージ/2021年4月1日更新
ワクチン情報・感染状況など最新情報を「メール」と「LINE」で配信しています(配信登録はこちら)

電話相談窓口

​新型コロナワクチンの接種に関する一般相談を受け付けます

ワクチン供給が見込まれましたら、予約業務を開始します。

予約は接種券がご自宅に届くまで慌てずお待ちください。

【電話番号】0577-62-9030  

【受付時間】9時00分~17時00分(平日のみ)

※相談内容により問い合わせ先が異なりますので、下記をご覧ください。

内容

電話相談窓口

電話番号

受付時間

予約方法・接種場所など、一般的なご相談

飛騨市コールセンター

0577-62-9030

9時00分~17時00分
(平日のみ)

ワクチン接種後の副反応など、医学的知見など専門的なご相談

岐阜県コールセンター

058-272-8222

9時00分~21時00分
(毎日)

新型コロナワクチン施策のあり方などに関するお問い合わせ

厚生労働省コールセンター

0120-761-770

9時00分~21時00分
(毎日)

新型コロナワクチン接種についてのよくある質問と回答

こちらのページをご覧ください

対象

原則として、住民票のある市町村での接種となります。

次のような事情のある方は、住民票所在地外でワクチン接種を受けることができます。

具体的な手続きは、今後お知らせする予定です。

  • 入院・入所中のため住所地以外の医療機関や施設でワクチンを受ける方
  • やむを得ない事情で住所地以外に長期間滞在している方など

詳しくは住民票所在地以外での接種についてをご覧ください

接種順位・接種時期 (予定)

ワクチンは、まず医療体制を守ること、また重症化リスクを高い方から接種することで重症者や死亡者を減らす目的に、以下の順番で接種することになっています。

​【2021年3月15日更新】​
ワクチン接種券(クーポン券)発送時期、接種開始時期が一部変更となりました。

<変更箇所>

  • 接種順位2:令和3年度中に65歳以上に達する高齢者
    ワクチン発送時期・接種開始時期の詳細は「高齢者向け 新型コロナワクチンの供給スケジュール」をご覧ください。
  • 高齢者施設等の従事者の接種順位が、「3」→「2」へ変更
  • 接種順位3:高齢者以外で基礎疾患を有する方、接種順位4:それ以外の方の、ワクチン発送時期が「4月中に発送できるように準備」→「時期未定」へ変更

 ※令和3年3月19日現在

接種の順番

対象者

ワクチン接種券発送時期

接種開始時期

備考

1

市内の医療従事者

接種券は使用せず予診票にて接種を実施

4月下旬

所属の医療機関から予診票を配布

2

高齢者
(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)

および 高齢者施設等の従事者

高齢者施設等の入所者 および 従事者

4月中旬頃

4月下旬頃

 

居宅サービス事業所の利用者 および 従事者

 

時期未定

 

ワクチン供給量にあわせて随時お知らせします

それ以外の高齢者

3

高齢者以外で基礎疾患を有する方

4

1~3以外の方

※薬事承認の内容を踏まえ、一定の年齢以上の方を対象とする場合があります。
※ファイザー社製のワクチンの場合は、接種時に16歳以上の方が対象となります。
※妊婦や子どもの接種については、安全性や有効性の情報などをみながら検討されています。

(注)基礎疾患を有する者とは

 1.以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
◆慢性の呼吸器の病気
◆慢性の心臓病(高血圧を含む)
◆慢性の腎臓病
◆慢性の肝臓病(脂肪肝や慢性肝炎を除く)
◆糖尿病(インスリンや飲み薬で治療中または他の病気を併発している)
◆血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
◆免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
◆ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
◆免疫異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
◆神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
◆染色体異常
◆重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
◆睡眠時無呼吸症候群
◆重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)​

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

接種場所

市内各医療機関での実施体制を調整中です。

接種費用

無料

注意!!

国内で、新型コロナウイルスワクチン接種に関する特殊詐欺に繋がる不審な電話が確認されています。ワクチン接種に“予約金”などの費用のかかることはありません。不審な電話は、すぐに切りましょう。

新型コロナウイルスワクチン接種について

現在国が確保を見込んでいるワクチンはファイザー社製ワクチン、アストラゼネカ社製ワクチン、武田/モデルナ社製ワクチンの3種類です。

接種を受ける時期に供給されているワクチンを接種することとされており、複数のワクチンが供給されている場合でも、ワクチンの種類を選択することはできません。

また2回目の接種は1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。

ワクチンごとの詳しい情報はこちらをごらんください。

接種を受ける際の同意

ワクチン接種は強制ではありません。予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクをしっかり情報提供した上で、自らの意思で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナウイルスワクチン接種においても、健康被害が生じた場合には、救済を受けることができます。現在の、国の救済制度については厚生労働省ホームページ<外部リンク>を参照ください。

★【厚生労働省】予防接種健康被害救済制度
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/<外部リンク>

今後の予定

新型コロナウイルスワクチン接種推進室の取り組み状況

外部リンク集

★【首相官邸】新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html?<外部リンク>
PDFデータ<外部リンク>

★【厚生労働省】新型コロナワクチンについてのQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00222.html<外部リンク>

★【ファイザー社】新型コロナウイルス感染症に関するファイザーの取り組み
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/smartp/index.html<外部リンク>

★【厚生労働省】新型コロナワクチンコールセンター
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16589.html<外部リンク>

★【岐阜県】新型コロナウイルスワクチン接種相談窓口
https://www.pref.gifu.lg.jp/site/covid19/26598.html#vaccine<外部リンク>

★【厚生労働省】予防接種健康被害救済制度
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/<外部リンク>


連絡先

〒509-4221

飛騨市古川町若宮2丁目1-60
ハートピア古川内

  • 電話番号:0577-73-2948( )

ファクス番号:0577-73-7295

メールでのお問い合わせはこちら

主な業務内容

・相談受付・広報
・県、医師会、関係機関との調整
・接種券・予診票の作成・送付
・被接種者の調整・管理
・接種施設の調整
・ワクチンの配分・管理
・接種費用の支払い他

関連情報

飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>