ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域生活安心支援センター > 成年後見制度(法人後見)の利用

成年後見制度(法人後見)の利用

印刷用ページを表示する掲載日:2021年5月14日更新

成年後見制度の利用

成年後見制度とは

 成年後見制度は、認知症や知的障がいその他の精神上の障がいなどにより、判断能力が不十分であるため、福祉サービスの利用や契約、遺産分割協議などの法律行為が必要であるときに、本人の意思をできるだけ尊重し、本人に不利益にならないように成年後見人が保護、支援する制度です。

 成年後見制度には、家庭裁判所が後見人などを選任する「法定後見制度」と、将来判断能力が不十分となった場合に備えて、あらかじめ本人が契約を締結し後見人を選任する「任意後見制度」があります。

 市では、社会福祉法人飛騨市社会福祉協議会が後見受任者となる「法人後見」を行っています。

法定後見制度の分類(本人の判断能力の状況によって、3つの類型に分かれます。)

 制度の類型:後見

  • 本人の判断能力:まったくない
  • 援助者:成年後見人

 制度の類型:保佐

  • 本人の判断能力:特に不十分
  • 援助者:保佐人

 制度の類型:補助

  • 本人の判断能力:不十分
  • 援助者:補助人
利用手続き

 1.本人・配偶者・四親等内の親族などが、法定後見開始を本人の住所地の家庭裁判所に申し立てます。

  親族などがいない場合は、市長が申し立てることができます。

 2.家庭裁判所調査官により聞き取りが行われ、本人の判断能力について関係機関等により鑑定が行われます。

 3.家庭裁判所の審判により、成年後見人、保佐人または補助人が選任されます。

 4.審判確定後、法定後見が開始されるとともに、法務局に後見登記がされます。

※成年後見制度の申請やご相談は、地域生活安心センターまでお問い合わせ下さい。

法人後見(飛騨市社会福祉協議会事業)

 市では、社会福祉法人飛騨市社会福祉協議会によって、社会福祉協議会自体が後見人となる「法人後見」を行っています。この法人後見の受任が円滑にできるようにするため、社会福祉協議会では法人後見相談を受ける専任職員を配置しています。

内容を伺い、法人後見が適当であるとされる場合は、財産管理や身上監護に関する契約等の法律行為全般を代行し、日常生活を援助します。

法人後見に関するお問い合わせ

社会福祉法人 飛騨市社会福祉協議会

代表電話 0577-73-3214


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>