ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 市・県民税申告書を提出するときは

市・県民税申告書を提出するときは

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

市民税・県民税の申告を提出するときは ケース1

窓口で市民税・県民税の申告書を提出する場合

市民税・県民税申告書の提出の必要な方は

  • 1月1日現在飛騨市に居住する方で前年中に所得のあった方
  • ただし、勤務先から給与支払報告書が提出される給与所得だけの方(医療費等の控除を受けようとする方を除く)や所得税の確定申告書を提出する方等は、申告の必要はありません。
いつ3月15日まで(土日の場合は次の月曜日)
誰が本人(申告者)
代理の可否記名、捺印等、記載事項に漏れがなければ可能。
手続き方法直接窓口
受付窓口

飛騨市役所 総務部 税務課
〒509-4292 飛騨市古川町本町2-22
電話番号 0577-73-3742 ファクス番号 0577-73-6373
メール​ zeimu@city.hida.gifu.jp

河合振興事務所 総務市民福祉係
〒509-4392 飛騨市河合町角川223-1
電話番号 0577-65-2380 ファクス番号 0577-65-2179

宮川振興事務所 総務市民福祉係
〒509-4423 飛騨市宮川町林50-1
電話番号 0577-63-2311 ファクス番号 0577-63-2048

神岡振興事務所 総務係
〒506-1195 飛騨市神岡町東町378
電話番号 0578-82-2251 ファクス番号 0578-82-0995

受付時間午前8時30分~午後5時15分
休日休日の当直職員がお預かりできます。
提出する書類市民税・県民税申告書
添付書類
  • 給与所得者は源泉徴収票または支払者の証明。
  • 公的年金受給者は、公的年金等の源泉徴収票。
  • 営業所得者等は収支明細のわかるもの。
  • 各領収書、または証明書(医療費、生命保険料など)
持ち物市民税・県民税申告書
費用(手数料)
お渡しするもの
注意すること市県民税の申告以外に下記に該当される方は「所得税の確定申告」が必要になります。
(主な項目のみ抜粋)
  • 事業所得等がある方の場合
    • 前年の所得金額から基礎控除等の所得控除を差し引き、その金額で計算した税額から定率減税額等の税額を差し引いた後、残額がある方。
  • 給与所得がある方の場合
    • 前年に支払いを受けた給与等の収入金額の合計額が2,000万円を超える方。
    • 1か所から給与等の支払いを受けている方で、給与所得および退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える方。
    • 2か所以上から給与等の支払いを受けている方で、年末調整をされなかった給与の収入金額と、給与所得および退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える方。
  • 所得税を納め過ぎている方
    • 源泉徴収された税金や予定納税をした税金が納め過ぎになっている場合、申告をすることによって納め過ぎている税金が還付されます。
※上記は主な項目のみを抜粋していますので、詳しくは高山税務署または税務課へお問い合わせ下さい。
関連情報申告納税相談を2月16日から3月15日までおこなっていますので、ご利用ください。(相談受付時間は平日の午前8時30分~11時、午後1時~4時です)
【持ち物】
申告書、印鑑(認印・通帳印)、通帳、源泉徴収票、各種帳簿、領収書、控除証明書、その他所得に関する書類や証明書。
所要時間・期間の目安申告納税相談は内容によって所要時間が異なりますが、申告1件につき30分から1時間ほどかかります。又、混雑する場合お持ちいただく場合がありますのでご了解下さい。(予約等はおこなっていません)
お問い合わせ受付窓口と同じ
資料
根拠法令等地方税法第45条の2、および地方税法第317条の2
その他市民税・県民税申告書は2月上旬、各戸へ送付いたします。

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>