ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 年の途中で不動産を売却しましたがそれ以降の固定資産税はどうなりますか?(よくある質問)

年の途中で不動産を売却しましたがそれ以降の固定資産税はどうなりますか?(よくある質問)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月25日更新

年の途中で不動産を売却しましたがそれ以降の固定資産税はどうなりますか?

Q: 年の途中で不動産を売却しましたがそれ以降の固定資産税はどうなりますか?
A: 固定資産税は1月1日時点の所有者が次年度の納税義務者となります。つまり、1月1日時点での所有者が今年度の固定資産税納税義務者となります。
 従って、たとえば今年の10月に対象となる不動産を他人に売却しても、その年度に課税された固定資産税の納税義務はあなたにあることになります。

※「用語解説」は「Weblio辞書<外部リンク>」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせ<外部リンク>ください。


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • マイホームタウンひだ<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>