ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 飛騨市ドローンパーク > 「飛騨市空撮コンテスト」作品公開!!

飛騨流葉ドローンパークとは

飛騨まんが王国ドローンパークとは


「飛騨市空撮コンテスト」作品公開!!

印刷用ページを表示する掲載日:2022年8月25日更新

第2回飛騨市空撮コンテストを開催しました

令和4年8月21日に「第2回 飛騨市空撮コンテスト」の作品発表を兼ねた審査会を開催しました。本コンテストはドローンを用いた空撮により市のPR動画を作成しその出来栄えを競うイベントで、今回は全国から11作品の応募があり、各賞の受賞作品を決定しました。

審査会の様子はコチラ

完成した作品は市のPR動画として広く活用させていただきます。

第2回コンテスト応募作品公開!

最優秀賞 『NATURE  HIDA』 宮本 奏詩・宮本 哲司<外部リンク>

優秀賞 『子どもと行こう!夏の飛騨』 こまつドローンズ<外部リンク>

優秀賞 『僕らの夏は輝いている』 (株)飛州コンサルタント<外部リンク>

審査員長賞 『LET IT HIDA』 maruni<外部リンク>

市長賞 『飛騨の山城』 堀切凡夫<外部リンク>

『nomiasobi』 チーム アル・ルゥ<外部リンク>

『Make a camp in Hida』 Shuichi Nagase<外部リンク>

『初めての飛騨旅 WithDrone』 武藤和明(むーたん)<外部リンク>

『飛騨ドローン空撮の旅 WithDrone』 太美善(みーたん)<外部リンク>

『H・I・D・A』 沼 康孝<外部リンク>

『そうだ キャンプに行こう!』 tommy-FPV<外部リンク>

空撮コンテスト1 空撮コンテスト2

空撮コンテスト4 空撮コンテスト6

空撮コンテスト7 空撮コンテスト4

協賛企業

奥飛騨山之村牧場 様、株式会社金木戸屋 様、株式会社ドローンコンシェルジュ 様、株式会社速工業 様、株式会社ヒダカラ 様、富山ドローンスクール 様、有限会社さわ 様、有限会社麺の清水屋 様、有限会社老田屋 様(五十音順)

第1回飛騨市空撮コンテストを開催しました

令和3年10月23~24日に「第1回飛騨市空撮コンテスト」を開催しました。

本コンテストはドローンを用いた空撮により市のPR動画を作成し、その出来栄えを競うイベントで、全国から9組の参加者が集まりました。

一日目は撮影日。寒い中、古川町の街中、神岡城、レールマウンテンバイク、池ケ原湿原など市内各所で撮影を行いました。日没後は、休む間もなく翌日の昼までに編集を行うハードスケジュール。

二日目は審査会。飛騨市の魅力を各々の視点で3分程度の動画にまとめ発表。どれも素晴らしい作品に仕上がっており、審査員からは「空撮を活かしたこれまでにないPR動画で甲乙つけがたい」、「別の季節の動画も見たい!」などコメントをいただきました。

発表後は特別審査員で動画制作の専門家である立石喜郎さんからドローンを使った動画撮影のコツなどを教えていただき、参加者は熱心に耳を傾けていました。

完成した作品は市のPR動画として今後も活用していきます。

第1回コンテスト応募作品公開!

最優秀作品 『ひだまり』高田幸一郎(drone.ones)・飯原夏子(drone.mama)<外部リンク>

2位作品 『FIRST TIME TRAVELER』北川 一乃<外部リンク>

3位作品(審査員長特別賞) 『飛騨(低空撮)』Supercub47<外部リンク>

流葉観光開発協同組合特別賞 『思い出がいっぱいの飛騨』川原 辰也<外部リンク>

『飛騨市を遊び尽くせ』OG<外部リンク>

『川で繋ぐ飛騨市』(株)飛州コンサルタント<外部リンク>

『HIDA2021.ĀKI』高崎奈緒<外部リンク>

『ふわふわ飛騨古川~さるぼぼ雲に乗る~』宝迫 典子<外部リンク>

『飛騨自然と人と歴史』tommy-FPV<外部リンク>

空撮 空撮 空撮 審査 審査 審査

協賛企業

株式会社金木戸屋 様、株式会社ヒダカラ 様、株式会社ROBOZ 様、社会福祉法人めひの野園 飛騨流葉牧場 様、流葉観光開発協同組合 様、有限会社井之廣製菓舗 様、有限会社老田屋 様、有限会社さわ 様、有限会社渋草柳造窯 様、有限会社麺の清水屋 様(五十音順)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>