ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民保健課(保健センター) > 2年連続全国第1位!「特定健診実施率」「特定保健指導実施率」

2年連続全国第1位!「特定健診実施率」「特定保健指導実施率」

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月10日更新

2020年度(令和2年度)飛騨市国民健康保険「特定健康診査」および「特定保健指導」の実施率が、全国(市・区)812自治体のうちいずれも昨年に引き続き第1位となりました。これを受けて厚生労働大臣より表彰状をいただきました。

特定健診・特定保健指導とは・・・

40歳~74歳の方が受ける健診で、健康保険組合が実施します。40歳未満の方が受ける健診との違いは、メタボリックシンドロームかどうかを判断するための検査項目が充実しています。40~74歳の被保険者(本人)も被扶養者(家族)も1年に1回以上の受診が義務づけられています。

その特定健診結果により、メタボリックシンドロームに該当もしくは予備軍に当てはまると、特定保健指導を受けていただき、生活習慣病の前段階といえるメタボリックシンドロームを改善することで、将来の脳卒中や心疾患等の発症を予防し、健康寿命の延伸を図る目的で実施しています。

このような表彰をいただいたのは、特定健診および特定保健指導を積極的に受けてくださった市民の皆さまのおかげです。

特定健診および特定保健指導実施率が高いということは、後期高齢者医療制度への拠出金が減算され、ひいては、飛騨市国保加入者の保険料率の引き下げにつながりますので、今後も、特定健診や特定保健指導を積極的に受けていただきますよう、よろしくお願いします。

厚生労働大臣表彰状(特定健診・特定保健指導) [PDFファイル/500KB]

市長と保健師の写真


【厚労大臣表彰】2020特定健康診査実施率1位

【厚労大臣表彰】2020特定保健指導実施率1位

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>