ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ひだ > 公民館講座「笑いと笑顔 チンドントークとチンドンショー」が開催されました

公民館講座「笑いと笑顔 チンドントークとチンドンショー」が開催されました

印刷用ページを表示する掲載日:2022年5月25日更新

5月22日(日曜日) 古川町総合会館

 

飛騨市教育委員会と市社会福祉協議会が公民館講座「笑いと笑顔 チンドントークとチンドンショー」を催しました。

コロナ禍などで日々の暮らしに閉塞感が漂う中、派手な衣装の昔懐かしいチンドン屋のはなやかな演奏とトークで会場を盛り上げようと企画されました。会場には150人もの人が訪れました。

「東西東西 賑やかなる鳴り物を持ちましての登場は 越中富山のチンドン屋 まいどはやでございます」。

この日、チンドン太鼓にサックス、締め太鼓を手に登場したのは4人組のチンドン屋「まいどはや」です。まいどはやは富山弁で「ごきげんいかが」という意味だそうです。このチームは国内最大の「全日本チンドンコンクール」で全国最多の優勝3回、準優勝4回を誇る日本一のチンドン屋です。

この日はメンバーの歌と演奏で『憧れのハワイ航路』や『北国の春』などお馴染みの曲を披露しながら、親方の蛯谷昭久さんが江戸時代末期に始まったチンドン屋の盛衰や曲にまつわる話を紹介しました。来場者も手拍子を打ったり口ずさんだり。最後はチンドン太鼓の体験も行われ、客席から笑いを誘っていました。

会場を訪れ、チンドン太鼓も体験した神岡町の阪下昭憲さんは「一度チンドンをじっくり見たいと思い参加しました。懐メロもたくさん聞けて青春時代を思い出しました。歌は人生そのものです。久々に非日常を楽しませていただき、元気をもらいました。チンドン太鼓は一度に両手を使うのがむずかしかったです」と笑顔を見せていました。

チンドントークとチンドンショー(1)

チンドントークとチンドンショー写真

チンドントークとチンドンショー(2)

チンドントークとチンドンショー写真

チンドントークとチンドンショー(3)

チンドントークとチンドンショー写真

チンドントークとチンドンショー(4)

チンドントークとチンドンショー写真

チンドントークとチンドンショー(5)

チンドントークとチンドンショー写真

チンドントークとチンドンショー(6)

チンドントークとチンドンショー写真

チンドントークとチンドンショー(7)

チンドントークとチンドンショー写真


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>