ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ひだ > 古川小6年谷脇隼輝さんが全国道場少年剣道大会に出場します!

古川小6年谷脇隼輝さんが全国道場少年剣道大会に出場します!

印刷用ページを表示する掲載日:2022年7月6日更新

7月6日(水曜日)市役所
 

「第56回全国道場少年剣道大会」(7月28~29日・日本武道館=全日本剣道道場連盟主催)の団体戦に出場する飛騨国府剣士会の谷脇隼輝さん(古川小6年)の激励会が飛騨市役所で開かれ、沖畑教育長に喜びを報告しました。

同剣士会は5月に行われた県大会(県剣道道場連盟主催)の小学生高学年団体で2勝1敗の成績を収めてベスト16入りし、全国大会への切符を手にしました。

新型コロナのため、大会は昨年いずれも中止に。今年は道場の先生に家で指導してもらいながら行い、大会も5人制を3人制にして行うなど大変だったようですが、谷脇さんは大将を務め、チームの勝利に貢献しました。

激励会の席で沖畑教育長が「剣道は大変ですか?」と尋ねると、谷脇さんは「小さい時から棒を振り回すことが好きでした。剣道は防具を付けるのが暑くてつらい。練習も厳しいです」と苦笑いを浮かべていましたが、教育長は「そういう体験を積めば精神が鍛えられ、人間的にも成長します。全国大会には体調を整えて臨んでくださいね」とエールを送っていました。

谷脇さんは「小さい頃からめざしていた武道館に行けてうれしいです。一戦でも多く勝てるようにがんばります」と力強く話していました。

激励会の様子(1)

激励会の様子

激励会の様子(2)

激励会の様子

激励会の様子(3)

激励会の様子

激励会の様子(4)

激励会の様子


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>