ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ひだ > 未経験者も楽しめる!FC岐阜子どもサッカー教室が開かれました

未経験者も楽しめる!FC岐阜子どもサッカー教室が開かれました

印刷用ページを表示する掲載日:2022年11月21日更新

11月19日(土曜日) 流葉グラウンド

飛騨市在住の小学1〜4年生を対象としたFC岐阜のサッカー教室が開催されました。

この事業はFC岐阜の地域貢献活動の一環として、子どもたちがスポーツと触れ合うとともに、地元プロサッカーチームFC岐阜を広く知ってもらおうと県内各地で開催されているものです。

講師はFC岐阜スクールコーチで、教室は2部制で、1部では小学1・2年生6名が、2部では小学3・4年生9名が参加しました。

始めにFC岐阜の信田秀明コーチが「今日はのぶコーチと呼んでください!」と挨拶され、子どもたちをリラックスさせて教室がスタート。サッカー初体験の子もいるため、言葉を噛み砕いて分かりやすく説明したり、たくさん褒めたりしながら教えていました。

サッカーの動きを知るためにコーンの周りを走ったり、鬼ごっこしたりする練習や、ボールを真上に蹴る練習が行われました。コーチが何メートルも高く真っ直ぐボールを蹴り上げると「足を真っ直ぐ伸ばして蹴るのがコツ」と教えていました。

次のシュート練習では、ボールの近くに足を置き、ボールをよく見て、足をしっかり振る。そしてキーパーのいないところを狙ってボールの真ん中を蹴ることが大切と、一つひとつ丁寧に指導。ゴールの隅にあるコーンに当てたら1点、倒したら2点というゲーム感覚でできる練習も行われ、「今6点!」「あー!惜しい!」などの声も上がり、子どもたちは楽しく学んでいました。

最後に、コーチ2人チームと子どもチームで試合。開始早々に子どもチームが素早く1点先取すると、コーチチームも少し本気を出したのか、すぐに点を取り返しました。子どもたちがコーチからボールを奪ったり、惜しくもゴールを外したりすると、観客の保護者が「おお〜!」と声を出すくらい白熱した試合となり、結果は6対4で子どもチームが勝ちました。

参加した高松良太郎くん(神岡小2)は「現在サッカーを習っていて、将来の夢はサッカー選手。今日は楽しかったです」と話していました。

 

サッカー教室の様子(1)

サッカー教室の様子(1)

 

サッカー教室の様子(2)

サッカー教室の様子(2)

 

サッカー教室の様子(3)

サッカー教室の様子(3)

 

サッカー教室の様子(4)

サッカー教室の様子(4)

 

サッカー教室の様子(5)

サッカー教室の様子(5)

 

サッカー教室の様子(6)

サッカー教室の様子(6)

 

サッカー教室の様子(7)

サッカー教室の様子(7)

 

サッカー教室の様子(8)

サッカー教室の様子(8)

 

サッカー教室の様子(9)

サッカー教室の様子(9)

 

サッカー教室の様子(10)

サッカー教室の様子(10)

 

サッカー教室の様子(11)

サッカー教室の様子(11)

 

サッカー教室の様子(12)

サッカー教室の様子(12)

 

サッカー教室の様子(13)

サッカー教室の様子(13)

 

サッカー教室の様子(14)

サッカー教室の様子(14)

 

サッカー教室の様子(15)

サッカー教室の様子(15)

 

サッカー教室の様子(16)

サッカー教室の様子(16)


飛騨市の主な取り組み
  • 企業ステーションHida<外部リンク>
  • 飛騨市住むとこネット<外部リンク>